ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江角マキコ 「落書きを報道で知った」の矛盾に対して説明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 江角マキコ(47才)がブログで「ママ友いじめ」を告白して、もうすぐ2か月が経つ。この間、『女性セブン』(8月21日・28日号)は「いじめの加害者は江角だ」とする、ママ友有志による抗議文を掲載。その後、保護者の間では抗議文への賛同の声や、江角への同情論が出るなど、校内で議論百出の事態となっていることをお伝えしてきた。

 そして『週刊文春』(9月4日号)が、2012年の年末に、当時の江角のマネジャーが長嶋一茂(48才)邸に「バカ息子」「アホ」など落書きをしていたことを報じると、再び大騒動へと発展した。

 江角と長嶋の妻は、子供が前述の学校の同級生で、親しいママ友同士だったが、4年前に亀裂が入り、不仲になったという、遺恨のあるふたりだった。

 沈黙を守り続けた江角が、この件について触れたのは、9月9日の夜のこと。自身のブログで、落書きについてこう謝罪したのだった。

《私自身、週刊誌でこの件を初めて知った次第で、その後、元マネジャーから私に対し、このような事態をおこして迷惑をかけたとして謝罪の連絡がありました。しかし、立場上、私の責任も重く感じ、長嶋様には心から申し訳なく思っております》

 だが、この文面には、明らかにおかしな点があった。女性セブンが江角の母親に取材した際、落書きについて、江角本人の関与こそ否定しながら、「あれは、どこにでもある大人同士のケンカだったんです」と母親は回想しており、『週刊文春』の取材でも、「マキコは『落書きのことは知っている。でも、私は指示してない』と言っていました」と語っている。

 江角が落書き事件について当時から知っていたことは明白で、「週刊誌で初めて知った」という彼女の記述は、矛盾しているのだ。この問題について、江角は周囲にこんな説明をしていることがわかった。

「確かに、落書き騒動があったこと自体は、保護者仲間に聞いて、知っていたそうです。ただ、“落書きの犯人が自分のマネジャーだった”ということは、今回の報道で初めて知ったそうです。“誤解を生む書き方だった”と、江角さんは大変反省していました。

 実際、落書きについて報道された直後、江角さんの旦那さんが長嶋さんの自宅を訪れて謝罪したそうですが、“まさか元マネジャーがこんなことをしたなんて…”と、被害者本人を前にしても、彼の独断だったことを強調したそうです」(江角の知人)

 9月12日には、長嶋の妻が警察に被害届を出していたこと、そして、この元マネジャーが警察に事情聴取を受けていたことも発覚。彼は取り調べで、「自分がひとりでやりました」と供述しているとも報じられており、器物損壊の疑いで書類送検される見通しだという。

※女性セブン2014年10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
江角マキコ 長嶋一茂宅落書き騒動でCM打ち切りの可能性検討
江角マキコ なぜ天海祐希ばかり主役かと衝突し事務所移籍説
江角マキコ 落書き謝罪したのはバイキングに抗議殺到したから

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。