ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家族の協力でクリエイターへの第一歩 モデルの飼い猫も貢献

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一般のユーザーも制作・販売できる「LINEクリエイターズスタンプ」が盛り上がっている。9月10日現在、登録クリエイター数は20万人、登録スタンプ数は4万5000セット以上で、販売対象は世界で4億9000人(7月末時点)におよぶLINEユーザーだ。販売数トップクラスのクリエイターが得ている収益額も話題になっているが、金額の多寡やプロ・アマを問わず、ダウンロード数などの形で一定の評価がわかるのは、作り手として次の作品づくりへの指標にもなるだろう。

 プロのクリエイターでも、自分の作品を商品化して販売しようとすると個人でできることには限りがあり、収益ベースに乗せるのは大変だ。しかし昨今はWebを通じてその手法が増えただけでなく、この「LINEクリエイターズスタンプ」を販売する「LINE Creators Market」のように、一定のデジタルリテラシーがあれば誰もが手軽に、自分の“作品”を販売できる。こうした環境が提供されることで、年少者であっても、家族などと協力しながら“クリエイター”としての一歩を踏み出すチャンスも増えた。

「思わずホニャ~(*^_^*)となる猫『ごんこ』」のスタンプを作ったのは、北関東に住む中学1年生のまゆっぺさん、12歳。「LINE Creators Market」の規約では、保護者の同意があっても13歳以上でないとアカウントを作成することが認められないため、アカウントの名義は制作のサポートもしているまゆっぺさんの父親(以下、まゆっぺ父さん)になっている。

「小さい時から絵を描くのが好きで、幼稚園の頃からオリジナルのキャラクターを作って、お話を考えたりしています。LINEは家族や友達と使っていて、スタンプはお父さんに『描いてみれば』と勧められて、すぐに描きました。最初は別のキャラクターで描き始めたんですけど、途中で変更して『ごんこ』のイラストになったんです」(まゆっぺさん)

 普段は活発な性格だが「人見知りが激しい」というまゆっぺさん、頼るように父親を振り向きながら話すのが、親子の関係を感じさせて微笑ましい。スタンプ制作はまゆっぺさんが手書きでイラストを描き、それを取り込んで彩色するなどのデジタル化パートが、まゆっぺ父さんの担当だという。

「僕自身も趣味でイラストを描いているのですが、家族の中ではあんまり評価されない(苦笑)んで、裏方に徹しています。ひとまず仕上げたデータを本人や家族にチェックしてもらうのですが、『この色は、違う!』とか、結構なダメ出しをされていますね」と言いながら、まゆっぺ父さん自身も楽しんでいる様子がうかがえる。

 取材にはお二人だけでなく、「ごんこ」のモデル猫であるロシアンブルーのゴン(2歳)も同席してくれたのだが、実はオス猫。しかもかなりのイケメン猫である。

「お母さんから、ゴンを俳優の玉木宏さんイメージのキャラで――っていう、ストーリーのリクエストをもらったりしています。でも今回スタンプのキャラを作っていた時は、リボンをつけたくなっちゃって(笑)、ゴンがごんこになりました。

 高校生のお姉ちゃんは『あまり飾りをつけすぎない方がいい』とか、ダメ出しをしたりするけど、ちゃんと使ってくれているのが、嬉しいです」(まゆっぺさん)

 飼い猫のゴンがモデルとなり、まゆっぺさんがイラストを描く。それを父がデータ化して、母や姉がチェックやアドバイスをする――家族全員参加の協力で作品ができあがった。そして鋭意制作中の次回作はまだ、家族一緒に進行しているものの「将来は絵本作家になりたい」と、クリエイターとしての夢を語る中学1年生、少しずつ自立心が芽生えているようだ。

「動物のキャラクターは多いので、絵柄とかコメントとか、ほかと被らないように考えているところです。いろんなクリエイターさんがどうやって作っているのか、聞いたりしてみたいので、スタンプのクリエイター同士で交流できる機会があったら、参加してみたい。まだまだダウンロードされている数は少ないけど、家族や友達が使ってくれているのを見ると嬉しいので、たくさんの人に自分の作ったスタンプが楽しまれるように、工夫して描いていきたいです。

 それに今はまだ、パソコンの使い方がよくわからないけど使えるようになりたいし、全部自分で、できるようになりたいと思っています」(まゆっぺさん)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
木村拓哉がHERO関係者とLINEを開始 シャアスタンプが好き
LINE最新事情 スタンプにベルばら登場、キャラグッズも続々
はるかぜちゃん LINEは禁止するべきではない、ルールが必要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP