ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ユニバーサル サイモン・ワット氏「日本の音楽市場は大きな転換期」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Simon Watt Global Head of Technology, Universal Music Global International

9月13日〜15日の期間、東京・代官山エリア一帯で開催された「THE BIG PARADE 2014」に、米ユニバーサル インターナショナルのサイモン・ワット氏が登壇。デジタルサービスの登場が世界の音楽市場にどのような変化を与えたのか、各国の事例をふまえ紹介した。

現在アメリカの音楽市場は、7割をデジタルサービスが占めており、デジタルの成長とともに総売上も伸ばしている。スウェーデンでは、音楽ストリーミングサービス「Spotify」の普及でサービスの78%がストリーミングに移行、市場もさらに拡大しており黄金期に入っている。

この傾向はスウェーデンから、ノルウェー、さらにデンマークに移り、オランダでも見られ、ここ数年で消費者の考え方が大きく変わってきているそうだ。

また、CDなどのフィジカルに比べ、消費者がどのように音楽を楽しんでいるか、より具体的なデータとして蓄積されるため、ストリーミングサービスは、ファンの行動を知る上でも非常に有効だと語っている。

これに対し、日本は現在もCDショップやCDレンタルがありフィジカルが中心だ。他の地域に比べると非常に特殊な市場となること、そして「歴史や文化伝統も尊重しつつ、革新的な技術と一つに組み合わせる力がある」ことから、「新しい時代に合った独自のサービスが生まれてくるのではないか」と語った。

また、「日本はビジネスをする上でモバイルがファーストプラットフォームとして選ばれてきた」とした上で、他の国も日本のようにモバイルがプライマリープラットフォームであるという考え方に変わってきていると説明した。

また、海賊版の製造技術が上がり、海賊版においてもイノベーションが見らることに触れ、「海賊版や違法サービスは音楽業界のみに留まったことではないが、それに対して私たちが真っ正面から戦うよりも、消費者が本当に何を望んでいるのか、消費者に正規サービスをどのように提供できるかを考え、違法ではない、正しいサービスを正しく使ってもらえるように啓蒙していく必要がある」と語った。

最後に、「最も大切なのはファンです。日本には成熟した音楽市場があり、今大きな転換期を迎えている。これをチャンスととらえ、ファンを次の音楽市場のフェーズの中心に据えていく。そして彼らが使ってみたいと思うサービスを届けていきましょう」と語った。
(Musicman-NET 編集部)

UNIVERSAL MUSIC GROUP EXPANDS GLOBAL DIGITAL TEAM WITH PROMOTION OF SIMON WATT TO HEAD OF TECHNOLOGY, GLOBAL DIGITAL GROUP (UNIVERSAL MUSIC GROUP – September 15, 2011)

関連リンク

THE BIG PARADE 2014

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP