ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャック・ホワイト、発案から撮影までを全て24時間でやり遂げた最新MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年6月にリリースした、セカンド・ソロ・アルバム『ラザレット』が全米チャート初登場1位を獲得し、更に同作のLP盤が20年振りにアナログ盤最高セールスの記録を破ったことが大きな話題となった、元ホワイト・ストライプスのフロントマン=ジャック・ホワイト。

今年4月のレコード・ストア・デイでは“世界最速アナログ・レコーディング”にチャレンジするなど、常に革新的なことをしてきた彼が、今度は”24時間で発案・プロデュース・撮影した“という、最新アルバムの収録曲「ウッド・ユー・ファイト・フォー・マイ・ラヴ?」のミュージック・ビデオを公開した。

ザ・ホワイト・ストライプスのフロントマンとして2000年代のロックンロール・リヴァイヴァル・ムーヴメントを牽引し、ボブ・ディランやジミー・ペイジ、アリシア・キーズなどの大物アーティストとのコラボレーションも経て幅広い音楽活動を行っているほか、自身のレーベルも経営するなど、現代の音楽シーンを代表するミュージシャン=ジャック・ホワイト。2012年に発表した初ソロ名義アルバム『ブランダーバス』は全米チャート初登場1位を獲得し、グラミー賞5部門にノミネート。

今年6月に発表したセカンド・ソロ・アルバム『ラザレット』も見事全米チャート1位を獲得し、更には同作のアナログ盤が2014年のアナログ盤最高セールスを記録したのみならず、1994年のパール・ジャム『バイタロジー』以来のアナログ盤史上最高セールス記録を破るなど、正真正銘現代ロックにおける重要人物としてのポジションを決定づけた。

4月のレコード・ストア・デイでは、ライヴ・レコーディングから、そのライヴ音源のアナログ盤を店頭で販売するまでの最短時間を記録した“世界最速アナログ・レコーディング”企画を敢行したり、『ラザレット』のLP盤には、レコード針を落とす場所に寄って曲のイントロが変わったり、更にはディスク中心部には天使のホログラムが浮かび上がる等々、世界初となる様々な仕掛けが施された“ウルトラLP”を制作するなど、常に革新的かつ遊び心満載な企画で注目を集めているジャック。

今回はなんと、コンセプト作りから撮影完了までを、全て24時間以内で行ったというミュージック・ビデオ「ウッド・ユー・ファイト・フォー・マイ・ラヴ?」を公開した。同曲は最新アルバム『ラザレット』に収録されている。

このビデオは、これまでレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、アヴリル・ラヴィーン、マイリー・サイラスなどのミュージック・ビデオを制作してきた、ロバート・ヘールズ監督が手掛け、米コロラド州デンバーにある、禁酒法の撤廃後初めてオープンしたバーとして有名なザ・クルーズ・ルームで撮影されたもの。ジャックのバック・バンドのメンバーも出演しており、アルバムのビジュアル同様、全体的に“青”いイメージで統一された映像に仕上がっている。

ジャックは現在2年振りのワールド・ツアーの真っ只中。9月末に北米ツアーを終えた後、メキシコ、ヨーロッパ、UKと、11月までツアーが続く。

「ウッド・ユー・ファイト・フォー・マイ・ラヴ?」MV

関連リンク

ジャック・ホワイト オフィシャルサイトhttp://jackwhiteiii.com/
ジャック・ホワイト ソニー・ミュージックオフィシャル・サイトhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/jackwhite/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP