ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紅葉だけが秋じゃない! 都心から近い絶景コスモススポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋の桜と書いて「コスモス」。散歩をしているとき、道端にコスモスが咲いているのを見かけると、秋の訪れを感じるものだ。

見ているだけで癒される……

見た目がかわいらしく、繁殖力の強いコスモスは、景観植物としても親しまれる。そこで今回は、休日のお出かけにピッタリな都心からほど近い「コスモス絶景スポット」をご紹介しよう。

浜離宮恩賜庭園

東京都中央区にある「浜離宮恩賜庭園」では、1400平方メートルの敷地に約30万本のコスモスが植えられている。ピンクや白、オレンジなど色とりどりのコスモスを観に、毎年約4万5千人の来場者が訪れるという。都営地下鉄大江戸線「築地市場駅」「汐留駅」から徒歩7分、JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋駅」から徒歩12分と、都会の真ん中に位置する同園。お台場から水上バスでアクセスすることも可能なので、デートスポットに選んでも喜ばれること間違いなし!?

国営昭和記念公園

東京都立川市の「国営昭和記念公園」では、この時期になると約550万本のコスモスが開花する。見所は、珍しい黄色のコスモス畑。これは日本で開発された品種で、ほんのりと淡い黄色が特徴だ。同園では、ほかにも7品種のコスモスを植えた花畑があり、バラエティ豊かに楽しめる。コスモスの名所として毎年注目を集める同園は、見頃を迎える9月~10月の間、約70万人の見物客が訪れるそう。丘一面に咲き乱れるコスモスの大パノラマはまさに壮観!

コスモスの見頃は大体10月下旬まで。秋といえば、紅葉を思い浮かべるが、「遠出できない…!」という人はご紹介したスポットでコスモスを観て、秋の訪れを感じてみては?

(阿部綾奈/ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP