ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「もう時間です!」と言いに来て… 飲み放題の中断を懇願してきたサラリーマンの話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏が終わり、いろんな食べ物がおいしい秋がやってきます。私が居酒屋で働いていたころ、仕事終わりにサラリーマンが飲みに来ているのを見ると、羨ましく思ったものです。

「俺も、アフターファイブなるものをしてみたいなぁ…」

居酒屋勤務ですと、午後5時からが仕事の本番ですから。お客さんのほとんどは、仕事から解放されて明るく飲んでいましたが、中には必ずしも楽しそうとは言えない人たちがいたのも事実です。(文:ナイン)
「延長」はよく聞くけど「途中で終わり」は初めて

私が都内の店舗で働いていた頃、毎回6~7人で訪れる常連のサラリーマンのお客様がいました。全員が男性で、年齢は30代から40代くらい。週に1度は来店してくれて、必ず飲み放題コースを選びます。

ある時、私が店で働いていると、この常連グループから3人ほどが厨房前にやってきて、こんなことを言われたのです。

「あの、今日の飲み放題なんですけど、もう終わりにしてもらえますか?」

飲み放題は2時間の時間制で、まだ1時間ほどしか経っていません。「飲み放題の延長」はよく言われますが、「途中で終わり」と言われたのは初めてです。

困った私は「まだ1時間近く残っていますが」と確認をしましたが、「大丈夫。ここだけの話、正直みんな迷惑してるんです、この飲み会」と即答されました。

どうやらこの人たちは、上司に無理やり付き合わされているだけのようです。グループの中心には、見るからにボスのような圧倒的な風格を持つ人がいます。推定身長180センチ、体重100キロほど。タレントの安西力也さんのような強面です。

さらに話を聞くと、この方が怖いのは、見た目だけではないとのこと。仕事でも笑顔はほとんど見せず、部下たちが少しでも私語をしていると、

「ニヤニヤ笑ってんじゃねぇ! 真面目に仕事しろ!」

と怒鳴るので、社内の雰囲気は殺伐としているのだそうです。
「毎回毎回、嫌々来ていたのか…」と思うと不憫に

楽しいはずの飲み会でも、いつも決まって部下たちの名前をあげながら、「ダメ出し飲み会」になってしまう、ということでした。

「○○(部下の名前)の悪いところはなあ」
「お前らはどう思う? コイツに文句あんだろ?」

飲み放題の中止を申し出た人たちは、「みんな結構酔ってますし、もう時間です、って言ってもらえませんか」と懇願します。どうしたものかと迷いましたが、悲しげな表情から無下に断ることもできず了承しました。

「毎週のように来店しているのに、毎回毎回、嫌々来ていたのか…」

そう思うと、誘いを断れない部下も誘い続ける上司も、本当に不憫に思いました。意を決してお客様のテーブルに行き、「お客様、飲み放題の時間です!」と言いに行くと、安西さん似の方が、時計を見ながらこう言いました。

「えっ本当か! …おい、お兄ちゃん、まだ早くねぇか?」

意外に冷静な言葉と、ドスの利いた声に圧倒されてしまい、「す、すいません…。時間を間違えていました!」と慌てて引き下がりました。

この時、飲み放題を終わりにして欲しいと言ってきた方と目が合いました。何となく気まずい空気になったことは、言うまでもありません。

あわせてよみたい:「サービス残業」の呼び名、ファミレスは「待機」最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP