ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆるキャラGP ぐんまちゃん独走

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2010年にスタートした「ゆるキャラグランプリ」の投票が、今年も9月2日からスタートし、1500体以上のゆるキャラが、グランプリを目指して激しく争っている。

【画像や図表を見る】

これまで「ひこにゃん」(滋賀県彦根市)、「くまモン」(熊本県)、「バリイさん」(愛媛県今治市)など、数々の“スター”を生み出してきたゆるキャラグランプリも今年で5回目。昨年は栃木県佐野市の「さのまる」がおよそ120万票を集め、静岡県浜松市の「出生大名家康くん」を僅差で上回って優勝したこの大会は、今年も激戦が繰り広げられている。

合計1670体ものゆるキャラがエントリーした今大会において、9月16日の時点でトップを走っているのは、群馬県のマスコットの「ぐんまちゃん」。すでに誕生から20年が経つ“老舗ゆるキャラ”のぐんまちゃんは、16日の時点でおよそ28万票を集めており、2位の「チャチャ王国のおうじちゃま」(京都府宇治市)、3位の「与一くん」(栃木県大田原市)らに10万票以上の差を付け、トップを独走している。

また、すべてのゆるキャラへの投票数が実数で発表されるため、ここ数年、最下位のゆるキャラも話題になっている。そこでチェックしてみると、現在8票を獲得している18体のゆるキャラからさらに一歩遅れて、7票を獲得している「ジーにぃ・ジスター」(サンケイスポーツ・『週刊ギャロップ』)が最下位となっている(16日時点)。奇しくも、1位のぐんまちゃんと同じ馬モチーフのキャラクターだ。

ぐんまちゃんは2012年大会、2013年大会とも3位にランクインしており、ぐんまちゃんの公式ツイッターでは「一日一回ぐんまちゃんに投票を宜しくお願いいたします」と、フォロワーに向け繰り返し投票を呼びかけている。ぐんまちゃんのリードは大きいものの、投票の締め切りは10月20日とまだまだ先。ネット投票ゆえ、ちょっとしたことがきっかけで突然爆発的に票を伸ばすゆるキャラが毎年おり、ぐんまちゃんが安心するには、まだまだ早いようだ。
(R25編集部)

ゆるキャラGP ぐんまちゃん独走はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ゆるキャラGPに「ロボ子」参戦
ゆるキャラの「ユルくない懐事情」
ゆるキャラ増えすぎ!リストラも…
KIRIMIちゃん.ブレイク寸前
ふなっしー 思いつきの本名に衝撃

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP