ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで魔女狩り 「江角派」は見つけられ次第密告され、粛清

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブログで告白した「ママ友いじめ」が、大騒動へと発展している江角マキコ(47才)。女性セブンが反江角派の抗議文を掲載すると、今度は、2012年に当時の江角のマネジャーが、長嶋一茂(48才)邸に「バカ息子」などの落書きをしたと『週刊文春』が報じた。

 江角と長嶋の妻は、子供が名門私立小学校の同級生で、もともとママ友だったが、4年前に亀裂が入り不仲になったという。つまり、長嶋の妻は反江角派というわけだ。

 女性セブンが報じたママ友による抗議文によって、江角が幼稚園の保護者の悪口を陰で言いふらしたり、すべてを自分が仕切りたがるなど、周囲と軋轢を生んでいたことが発覚したが、その後、江角が受けた“報復”もまた、すさまじいものだったという。

「幼稚園時代の一件から、徐々に江角さんの周囲からは人が離れていっていましたが、あるとき、長嶋さんの奥さんと仲違いしてからは、事態は一気に悪化しました。彼女の元に多くのママたちが集まり、反江角派となって、学年を牛耳るほどの一大派閥を作ったんです。

 反江角派の怖いところは、徹底的に敵を排除することです。当時、標的にされた江角さんへの攻撃は、度を超えてました。全員で彼女を無視して、江角さんと仲よくしようものなら、そのママ友まで排除し、みんなで悪口を言いまくるんです。下手に江角さんに同情して手を差し伸べたら、次は自分が標的になってしまう。そのうち、誰も江角さんに近寄らなくなりました。あれは、子供の世界で行われるいじめの構図そのものでした」(江角のママ友)

 学校中に反江角派の目が光っていたという。

「まるで中世の魔女狩りのようでした。“江角派”は、見つけられ次第、ただちに密告され、粛清されるわけです」(前出・江角のママ友)

 そして2012年11月。江角にとって最悪の出来事が起きる。

「江角さんの下の息子さんが、お姉ちゃんが通う小学校の系列の幼稚園を受験したんですが、落ちてしまったんです。実はこのお受験の裏で、『江角さんがいかに学校にとってマイナスな存在か』『江角さんの下の子まで入学させたら、どれほど大変なことになるか』といった内容が延々と書かれた、入学反対を申し入れる上申書が、何者かによって学校の上層部に提出されていたという話が出回ったんです。

 もちろん、仮にその上申書が存在したとしても、合否に関係したわけではないし、それを提出したのが反江角派なのかもわかりません。でも、江角さんは、反江角派の仕業だと信じ込んでいたんです。“自分の事ならいざ知らず、あたしの子が何したって言うの…”って、江角さんは号泣したんです」(前出・江角のママ友)

 絶望に打ちひしがれる江角を間近で見ていたのが、当時のマネジャーだった。当時、江角の担当になって3年目の彼は、彼女とは家族ぐるみのつきあいで、お互いの信頼も厚く、江角の芸能活動に自分のすべてをささげるような、仕事熱心なマネジャーだったという。

「彼は、江角さんに対しては本当に思い入れが深く、彼女をずっと尊敬していました。その江角さんが、目の前で号泣して、苦しい境遇を打ち明けてくるわけです…。彼は自分のこと以上に胸を痛めて、一緒に涙したそうです。そして、その日、復讐を誓ったのだそうです」(前出・江角のママ友)

 長嶋邸への落書きが行われたのは、幼稚園の不合格から1か月後のことだった。この落書きが、本当にマネジャーの独断専行だったのか、それは当事者にしかわからない。だが、近しいものが敵討ちを決行するのに充分なほど、反江角派の江角へのいじめは苛烈を極めていたのかもしれない。

※女性セブン2014年10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
反江角派 江角が受験関連で妄言吹聴しパパ友を誘惑疑惑解説
江角いじめ名門校の有名人ママ「明日は我が身」と戦々恐々
挨拶されないなどママ友間で孤立する江角マキコに同情する声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP