ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラモーンズが結成40周年&公開10周年記念として自身のドキュメンタリー映画をリバイバル上映!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラモーンズの音楽ドキュメンタリー映画『END OF THE CENTURY』が劇場公開10周年&バンド結成40周年を記念してリバイバル公開をする事が決定した。

結成40周年を迎え、デビューアルバム『ラモーンズの激情』のゴールドディスク受賞も決まり、CJ ラモーンは来日決定とラモーンズマニアにとっては楽しい1年になるはずだった2014年だが、そんな矢先に飛び来んできたのはオリジナルメンバーでドラマーでありプロデューサーでもあったトミー・ラモーンの訃報…。悲しみの中、CJ ラモーンはファンのために11月に来日を決定し、何と『ラモーンズの激情』全曲を披露するとのこと。このタイミングに合わせ日本公開からちょうど10年になる大ヒットドキュメンタリー映画『END OF THE CENTUERY』のリバイバル上映も決定した。悲しみを乗り越え、今一度彼らの偉大なる勇姿を目に焼き付けてほしい。

映画「END OF THE CENTURY」
70年代のニューヨクに誕生し、パンク・ロックの先駆けとして約 20 年間にわたって変らぬスタイルで走り抜けた伝説のバンド“ラモーズ”の光と影に迫ったドキュメタリー。在籍した全てのメンバーの赤裸々なインタビューに加え、彼らをリスペクトする多くのミュージシャンがラモーンズへの思いを熱く語る。なお日本公開直前の2004年9月15日にはジョーイ、ディー・ディーに続いてジョニー・ラモーンの訃報も伝えられた。1974年、ニューヨークのライブハウスCBGBを拠点に活動をスタートさせたラモーンズ。1曲2分足らずの曲をノンストップで演奏し続ける独特のスタイルは、瞬く間にアンダーグラウンド・シーンで話題となり地元の人気バンドとなる。やがて76年のデビュー・アルバム『ラモーンズの激情』は海を渡ったヨーロッパにも衝撃を与え、その後のパンク・ムーブメントの火付け役として多くのフォロワーを生み出すことになった。しかし一方でアメリカ国内では成功を収めるまでには行かず、次第にメンバー同士の確執も増していった・・・。

原題: END OF THE CENTURY
監督・脚本:ジム・フィールズ、マイケル・グラマグリア
出演:ラモーンズ(ジョニー・ラモーン、 ディー・ディー・ラモーン、トミー・ラモーン、ジョーイ・ラモーン、マーキー・ラモーン、リッチー・ラモーン、C・J・ラモーン)、ジョー・ストラマー(The CLASH)、サーストン・ムーア(SONIC YOUTH)、ジョン・フルシアテ(RED HOT CHILI PEPPERS)、ラーズ・フレデリクセン(RANCID)、ロブ・ゾンビ 他
製作年:2003年
日本初公開:2004年11月27日(配給:ミラクルヴォイス 劇場:シネセゾン渋谷)
上映時間:103分
製作国:アメリカ
英語
ビスタ
35mmプリント上映
提供:キングレコード
(C) 2004 Cugat, Inc.

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
ラモーンズ オフィシャルHP
『ラモーンズの激情』、偉大なるパンクの伝説はここから始まった!マイナスをプラスに転じさせた奇跡の一枚!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP