体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ありのままの自分」で生きる秘訣

「ありのままの自分」で生きる秘訣

 「人からどう思われているのだろうか?」と不安になったり、「自分の生き方は正しいのだろうか?」と疑問に思ったり、あるいはなんとなくモヤモヤした気分になったりと、私たちの人生は悩みの連続。
 これはおそらくどんな人でも共通のはずですが、困った時に、「自分の基本」に立ち戻ることができる人は、迷いや悩みから早く抜け出すことができます。
 『へそ道 宇宙を見つめる 使命を見つける』(サンマーク出版/刊)で明かされている「へそ道」は、この意味で悩みや問題に対処しやすい生き方。自分の根本を常に意識することになるこの生き方をどのように取り入れていけばいいのか。著者の入江富美子さんにお話を伺いました。後編となる今回は、入江さんに訪れたあまりにも劇的な転機についてです。

―そんな人生の転機となったのが2005年の大晦日とのことですが、どんなことがあったのでしょうか。

入江:順を追ってお話ししますと、「ビジョン」を生きても幸せになれないと思った私は、これからは「ミッション」を生きようと決めました。
ミッションを生きるというのは、これまでのように目に見えるものを追うのではなく、たとえ誰にも褒められなくてもいいから、この地球に生まれてきた自分の役割に気づいて、それを果たすという生き方です。
2005年当時、私は専門学校で芳香療法の講師をしながら心理学を学んでいたのですが、その時の牧師であり心理学者の先生が、「ビジョンではなくミッションを生きる方法があるよ」とおっしゃったのです。そしてその後、「でもね、ミッションを生きるのは大変だよ」と言いました。なぜ大変なのかと聞くと、ミッションは自分が行こうとしているのとは違う方向を示されるよ!とおっしゃったのです。

―なるほど。

入江:ですから、ミッションが示す方向に行けるのは全体の5%くらいだよと。だから、そちらには空席がたくさんあるんだよとおっしゃいました。それを聞いた時に、その空席が見えた気がして、絶対にそちらに行きたいと思ったんです。
そこで、私が「どうすればミッションを生きられますか?」と聞くと、「毎日『天が期待していることを実現させてください』と祈りなさい」と言われました。
さらに「ビジョンは自分から描くから力は自分持ちだよ。でもミッションは向こうからやってくるから力は向こう持ちだよ」と。その言葉に心が震えました。

―そして大晦日がくるわけですね。

入江:そうです。毎日祈り続けていたのですが、その頃は自分にとって人生でもっとも辛い数年間で、主人の会社の倒産や、私の流産、子どもの闘病といったことなど本当にいろんなことがうまくいきませんでした。心底弱っている時に、子どものころからかわいがってくれた祖母が亡くなったりと、気持ちの中で追い込まれていきました。
それまでずっと、正しく、間違いのないように生きようとしてきた私でしたが、その時ばかりはあまりに辛いことが重なりすぎて、まるで幼いこどものように泣きました。
その時、自分の中から、自分でも思いもよらなかった幼い頃の、怒りや恨みといった感情が溢れだしました。私はこういう感情は持っていないと思っていました。幼いこどもに戻っていた私は、いつものようにその怒りや恨みという感情をないものにしたり、ポジティブに捉え直すことができなかったんです。
しかし、その感覚をそのまま感じていると、不思議とその感覚はどこか懐かしいもののように思えました。正しく生きようと思ってきたけれど、こういう汚い感情を持っていたのが本当の私なんじゃないか、という気がしたんです。
それでも、理屈では、かわいがってくれた祖母への感謝の気持ちが心のどこかにあるはずですから、心の中にそれを探してみようとしました。しかし、自分の中に感謝の気持ちなんてかけらもなかったんです。本当に恨みつらみばかりで驚きました。その時初めて観念したんです。正しく生きたいと、思ってきたけれど、これが本当の私なんだ、こんな汚い心を持った私だけど、このままの私で生きていこう、感謝のない私でできることをしていこうと決めました。その時、はじめてありのままの自分を受け入れたのです。
その瞬間に、おへそがぐお〜〜と振動しはじめたんです。お腹の底から震えだし、そして感謝の気持ちが泉のようにわきあがってきたんです。「ありがとう〜〜〜」と。
それは一瞬のことでしたが、何時間にも感じる情報を受け取った瞬間だったのです。
そこからの奇跡のような私の人生の変化は『1/4の奇跡〜もうひとつの本当のこと」(三五館/刊)という本に書いたのですが、「これは作り話じゃないの?」と言われるほどに「向こう持ち」の人生になったんです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。