ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地震直後のブックオフの光景に絶句者続出 「地震こわすぎ」「大丈夫なのか…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
地震直後のブックオフの光景に絶句者続出 「地震こわすぎ」「大丈夫なのか…」

9月16日に茨城県を中心に襲った強い地震について、その後、ネット上ではユーザーから次々と被害状況について伝える投稿が相次いだが、そうした中、古書店大手のブックオフの店内にいたというユーザーからの投稿に、「すごすぎる…」と絶句する人々が相次いでいる。

画像をご覧頂ければ一目瞭然だが、突然の揺れにより、陳列している本が飛び出し、通路を埋め尽くすという事態に。関東地区での地震であったため、地震のことを知らなかった他のエリアの居住者たちは、強い衝撃を受けたようだ。

「千葉らへんで震度5弱でしたっけ?片付け大変そう…」
「落ちて折り目ついて売り物にならなくなった奴もありそうやな」
「地震こわすぎワロエナイ。。。」
「まだ震災から3年くらいなんだよな…」
「怖いよ…」
「にしても今年は地震やら異常気象やら…大丈夫なのか…地球…」

こうした陳列を行う商店にとっては、地震の際の被害はある程度、想定内といったところかもしれないが、一般家庭においては、得てしてそうした想定を行わずに本や小物などを収納してしまいがち。天災は忘れた頃にやってくる。万が一のときのために、日頃から安全性を考慮した収納を心がけたいところだ。

文・島田克彦

■参照リンク
画像参照元
https://twitter.com/iteza_x1/status/511725474553135105 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。