ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪市電の駅に貼られたポスターがあまりに怖すぎて震撼 「夢でうなされるレベル」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大企業の広告が目立つ車内モノとは違い、ローカル線の駅などでは、しばしば、地元の中小企業などが出稿しているポスターなどを見かけるが、現在、ネット上で注目を集めているのは、大阪市電の駅に貼られた「謎」のポスター。

あるユーザーによって投稿されたこの画像、一見してそれとわかる、あまりに個性的な作品。内容を要約すれば、「マナーやモラルを守ろう」といったもので、ある種の啓蒙広告として掲出されていることはわかるが、蝶をモチーフにしたと思しきキャラクターや、その周囲にギッシリと詰められた大量の文字列に、多くのユーザーがのけぞっている様子だ。

「こんなポスターでもOK出るのがビックリだわwww」
「子供が見たら泣くよねw」
「狂気を感じるwwww」
「なんか、、怖い、、、」
「夜中にこういう画像貼るのやめれ…」
「誰が出したんだよ…」
「こえーよ」

…と、ネット上で巻き起こっているコメントを見るに、多くのユーザーは驚きつつも、「子供が見たら泣きそう」「夢でうなされそう」といったネガティブな印象を抱いた模様。また、こうしたあまりに個性的なポスターが、審査を通り、掲示されていることに驚きを覚えた人々も少なくないようだ。

ともあれ、広告やポスターは「目だってナンボ」という要素があるのは言うまでもない。そうした意味でこの広告、その訴求内容や方法は別として、多くのユーザーの目にとまり、その印象に残ったことで、一定の目的は果たせたと言えるのかもしれない。

文・今岡憲広

■参照リンク
画像参照元
https://twitter.com/jkbys/status/5099994268199895040 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP