ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今もっとも過酷な仕事?「教師」が身につけるべき心構えとは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今もっとも過酷な仕事?「教師」が身につけるべき心構えとは?

 今もっとも過酷な仕事は「教師」ではないだろうか。
 いじめなや体罰が度々問題となり、「教育はすべて教師の仕事」とばかりに躾まで丸投げする親もいる。
 もちろん、体罰は許されるものではないが、教師とて「聖職者」ではない。この状況で、教師とはどうあるべきなのか?

 『「プロ教師」の流儀―キレイゴトぬきの教育入門』(諏訪哲二/著、中央公論新社/刊)では、学校教育における「常識」や「キレイゴト」を根本から検証しながら、「教師のあり方」を探っていく一冊。それによると、今の時代に「プロ教師」として生きていくためには、こんなことが必要になるという。

■「教師だから“教育がわかっている”と思わないこと」
 教師にわかっているのは「教師にとっての教育」である。うまくいってもそれしかできない。学者にとっての教育、教育行政にとっての教育、親にとっての教育、子どもにとっての教育はそれぞれに違う。いずれにしても、教師は教育内部にいるので教育を客観視できない。

■「教師と生徒は“人”として対等であることを深く心すべし」
 教師と生徒の上下性は「共同社会」における役割的な上下関係であるにすぎない。教師は生徒を「ひと」として尊敬していなければならない。「ひと」としては同じ格であることをいつも自覚しているべきである。

■「生徒を自分の思いどおりにしようとしてはいけない。生徒を教師である自己と同一化しようとしないこと。生徒は決して教師の“思いどおり”にはならない。必ず、自己創出性によって別のものになると考えるべきである。生徒は必ず教師から離れていく」
 生徒は他者であるという認識は、教育業界のみならず、日本人の思想風土に欠落している視点である。生徒を教師に「似せよう」としないことである。

 モンスターペアレント、体罰、いじめ・・・教育現場での問題は多い。一昔前とは時代も変わっている。教師バッシングもある中、「教師のあり方」とは、どうあるべきか。教師はもちろんのこと、親も理解しておくべきことなのだろう。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
教師たちを悩ます“進路指導の現場”
内定を取れない学生に共通する3つの勘違い
“ゆとり世代”の正しい叱り方とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。