ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

産地・品種・挽き方にこだわり抜いた「せいろ」を石丸謙二郎が堪能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月13日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)「最後の夏をまるかじり! 中央本線の旅」と題して俳優の石丸謙二郎さんが「きぬたや」(東京都国分寺市)を訪れた。

 国分寺に店を構える同店は、本格的な手打ちそばが評判のお店。メニューは「せいろ」と「野菜天ぷら」のみとなっている。日替りでそばの産地と品種、そして挽き方の異なるそばが用意されており、一人前を頼むと2種類のこだわりのそばをいただくことができる。店主はおそばのバリエーションが豊かだということを知ってもらうために、様々な産地のものを取り寄せているという。

 石丸さんは日替りメニュー4種をいただくために「せいろ【2種】」(950円 税込み)」と「手挽きせいろ【2種】」(1050円 税込み)を一人前ずつ注文。まずはじめに運ばれてきたのが福井県産の石臼で挽いた「丸岡在来」だ。石丸さんは一口食べると「こんなに細いのに、しっかりとした歯ごたえで、少し遅れて香りがくる」とコメント。続いて群馬県の「北ワセ」をいただき、香り高い新そばらしい味わいを堪能した。さらに手挽きの島根県産の「横田小そば」をすすると「僕、好きです」と絶賛。最後に埼玉県産の「北ワセ」をいただき「残り香がいちばんあります」と表情をほころばせ、様々な種類のそばの深い味わい堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:きぬたや(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:国分寺のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:国分寺×和食のお店一覧
小泉遥が絶賛! エスプレッソ、抹茶、アイスが奏でる彩りと味わいのアンサンブル
阿藤快が絶賛! 豚骨ベースのネギらーめんは麺とスープの相性が抜群

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP