ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】幕末の安中藩で行われた侍の「29kmマラソン」を小説化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『幕末まらそん侍』土橋章宏/角川春樹事務所/1404円

【評者】内田和浩(歴史研究家)

 時は幕末の安政2年(1855)、安中(群馬県安中市)3万石の藩主・板倉勝明は、50才以下の藩士98名に対し、安中城より碓氷峠の熊野神社までの七里余(約29km)を走ることを命じた。ここから物語は始まる。

 この催しは史実である。背景には嘉永6年(1853)の黒船来航があった。日本中が動揺するなかで、安中藩主の板倉勝明は交通の要衝・碓氷峠の関所を預かる身として、有事に備えるために藩士の鍛錬を実行したのだった。これは「安政の遠足」と呼ばれ、現在、同市は「日本のマラソン発祥の地」と称して、毎年5月第2日曜日に一般参加による「侍マラソン」を開催している。

 本作は5編の短編から構成されている。第1章「遠足」は、黒木と片桐という2人の若い藩士が、この遠足で勝った褒美として藩主の姫をもらおうと競争に挑む。律義者の黒木に対して、お調子者の片桐はルール破りの駕籠や馬を使って黒木に勝とうとする。しかし、勝負は意外な結末に…。

 第2章「逢引き」は、石井という藩士が主人公。江戸での修業時代に思いを寄せていた女が安中を訪ねてきて、石井に「一緒に江戸で暮らしたい」と言い寄る。しかし石井には妻がいる。悩んだあげく石井は遠足を利用して脱藩し、女と駆け落ちすることを決意。遠足の当日、石井は仲間たちをうまくまいて1人になり、女の待つ場所へと急ぐ。果たして──。

 各短編の主人公たちは、最後の5章で一堂に会して安中藩を揺るがす大事件に立ち向かう。読み終えると、ひとつの長編として完結しているところは、まさに映像向きの見事な構成だ。いずれ、スクリーンで見られることを期待したい。

※女性セブン2014年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
謀殺説流れたジャーナリスト・黒木昭雄氏から死後メール到着
「新島八重より有名」な中野竹子の恋を軸に描いた幕末小説
黒木メイサの超ミニドレス美脚とシースルーの胸元に注目!

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP