ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スターバックスが2000円のコーヒーを販売! 早速飲んでみたその味は?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

コーヒーチェーン店『スターバックス』が2000円のコーヒー、『パナマ・アウロマール・ゲイシャ』を9月17日より一部店舗にて販売。パナマ産の希少価値のある豆を使用きたコーヒーで、定価1850円(税込1998円)となっている。
豆の香りはジャスミンやフルーツを思わせるような甘い香みがし酸味もそれほどきつくはない。
パナマ産のコーヒー豆ってアマゾンとかで調べてみたけど、やはりそこそこな値段がするようである。今回はそれを数量限定&一部店舗で販売。

こちら店舗こどに数量限定とのことだが、私が訪れた際は既に30杯出ていたという。
注文すると受け取りカウンターで簡単な説明をされ、コーヒーを受け取る。またその際に轢いた豆の香りをかがせて貰うことができる。
コーヒーはホットとアイスが選べるが豆の味をより知りたい場合はホットを推奨とのこと。

実際に飲んでみると一口目に少し甘みのあるホワっとした香りが口に広がる。コーヒーそのものの味の良し悪しは個人ごとの好みに分かれるため、『パナマ・アウロマール・ゲイシャ』は「ジャスミンを思わせる香り」と説明している。
また豆を購入することも可能だがその際は1万円ほどするとか。『パナマ・アウロマール・ゲイシャ』を販売している店舗が少ないため、機会があったら飲んで欲しい。コーヒー好きにはたまらないかも。

でも100円のセブンイレブンのコーヒーもおいしいのも事実。

スターバックス
http://www.starbucks.co.jp/reserve/?nid=wh_01_pc

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP