ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Play開発者サービス v6.1がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 9 月 16 日(現地時間)、Android 端末における Google 系サービスのバックエンドサービスアプリ「Google Play開発者サービス(Google Play Services)」の新バージョン v6.1のリリースを発表しました。Google の発表によると、v6.1 では Google タグマネージャから強化されたEコマース向けの分析機能のサポートに加え、Google ドライブの Android API の拡張、Android 端末上でフィットネスアプリをテストできるよう Google Fit Developer プレビュー版のアップデート版が含まれているそうです。Google ドライブの拡張については、Completion Events API によってローカルのアクションがいつサーバ側にコミットされたのかを確認できるようになりました。これは各操作における応答時間を改善するのに役立ちます。また、File Picker UI が Material Design 化され、「最近」と「スター付」のビューが追加。setParents() メソッドでファイルやフォルダを整理することが可能になりました。Google Play 開発者サービスは自動的にアップデートされるアプリで、配信対象も段階的に拡大されます。Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
Material Designを採用したGoogle Playストア v5.0のスクリーンショットが流出
Intex、Android One端末の半額以下のKitKatスマートフォン「Intex Aqua T2」をインドで発売
NVIDIA、SHIELD TabletのLTEモデルを9月30日に欧米で発売、本日より予約受付を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP