ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老夫婦がつくる絶品ラーメン「こしょうソバ」を食べにいこう!品川の天華

DATE:
  • ガジェット通信を≫


品川駅の港南口から3分の場所、路地裏に老夫婦が作る、コショウのウマミを最大限に引き出した爽やかなラーメンを供する名店がある。

その名は「天華」。少し分かりづらい場所にあるので、注意が必要だ。

またこのお店は人気テレビ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「きたなトラン」で紹介されているお店のため、開店前の11時半前から行列ができるお店となっている。少し早めにお伺いすることをオススメする。

1番前の人から5番目までに入店すれば、1回のオーダーで提供できる最大数である5人前分、いわゆるファーストロットで「こしょうソバ」を食べる事ができる。

老夫婦が息の合ったタイミングで注文をさばいていく様は、どこか懐かしい田舎を思い出させ、郷愁を感じる。

もちろんお店の中もとても懐かしい風情であり、ここが品川港南口から歩いて3分の大都会であることを忘れさせてくれる。

さて、いよいよこしょうソバである。味はすこし控えめなトロミのついたタンメンで、丼いっぱいにコショウが敷き詰められている。

あとをひくウマミたっぷりのアンが絶妙で、しっかりと麺に絡みつく。アン、麺そして丼いっぱいに敷き詰められたコショウと独特のハーモニーを奏でるのだ。

たくさんのコショウは嫌みがなく、不思議なくらい絶妙なあんばいなのだ。


より辛みが欲しい場合は、卓上のラー油を加えるといいだろう。ラー油の刺激によって、コショウのウマミをより強く感じられる。

少しサッパリ感を出してコショウとアンとのハーモニーを楽しむのであれば、卓上の酢を加えるといいだろう。アンの熱さによって酢が丸くなり、コショウの刺激がより爽やかに喉と鼻腔を駆け抜けていく。

いつまでこのお店が続くのか、それは誰にも分からない。しかし、老夫婦の優しい笑顔に癒やされる都会のオアシスのようなお店だ。

コショウたっぷりのこしょうソバを食べおわると、うっすらと額に汗がにじむ。品川の路地裏を駆け抜ける秋風が心地よく、すこし長めの残暑を吹き飛ばしてくれるだろう。

Post: GoTrip http://gotrip.jp

お店 天華 (テンカ)
住所 東京都港区港南2-2-5
営業時間 11:30~14:00 17:00~20:00
定休日 土・日・祝

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP