ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「健康寿命を延ばすにはたんぱく質を摂るのが重要」と栄養士

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年7月末に発表された、2013年の日本人の平均寿命は、女性86.61才(世界1位)、男性80.21才(世界4位)。いずれも過去最高を更新し、男性は初めて80才を超えた。

 しかし、手放しでは喜べないデータがある。じつは健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)は、男女ともに、平均寿命より10年前後短い。つまり、生きてはいるけれど、人生最後の10年間は寝たきり…という状態も考えられるわけだ。

 それでは、健康寿命を延ばし、元気で自立した老後を送るにはどうすればいいのか。

「大切なのは、やはり食事。それもたんぱく質をきちんと摂ることです」

 そう語るのは、公認スポーツ栄養士のこばたてるみさん。

「たんぱく質は、筋肉や内臓、骨など、体をつくる主栄養素であると同時に、体を機能させるうえでも欠かせません。免疫や生体防御反応とも密接な関係があり、たんぱく質が不足すると、疲れが取れない、風邪をひきやすいといったトラブルも起きやすくなるんです」

 また、食事とともに大切なのが運動。メタボも心配だが、昨今では筋肉量の減少によって歩行などに支障が出る、ロコモティブシンドロームが大きな問題になっている。

「これも筋肉をつくる材料=たんぱく質不足が一因なんです」(こばたさん。以下「」内同)

 では、たんぱく質はどれくらい摂ればいいのだろうか?

「一般の人であれば、体重1kgあたり1日に、たんぱく質1g程度。50kgの人なら1日に50gがひとつの目安。ただ、運動している場合は、体重1kgあたり1gでは足りないので、2gを上限にもう少し摂ったほうがいいですね」

 では、たんぱく質なら何でもよいのだろうか。

「たんぱく質を合成するアミノ酸は全部で20種類ありますが、そのうちの9種類は、体内でつくることができないため、食物から摂る必要があります」

 この種類のアミノ酸を必須アミノ酸という。ご飯やパンにもたんぱく質は含まれているものの、9種類のアミノ酸の構成に偏りがあるのが難点。

 一方、牛乳や肉、魚、卵などの動物性たんぱく質は、9つの必須アミノ酸値が高スコアでバランスよく含まれ、吸収率も抜群だという。

 とはいえ、一度に動物性たんぱく質を大量摂取するのは逆効果。また食品によってたんぱく質の含有率も吸収率も違うので、朝、昼、夜とまんべんなく摂るのが理想的だとこばたさんは言う。

「1食に摂取するたんぱく質は20gが目安。豚肉や鶏肉などの肉なら100g、大きめの切り身魚なら1切れ、いわしなど小さめの魚なら1尾で、だいたい20gのたんぱく質が摂れます」

 さらにおすすめの優秀食品は牛乳だという。

「牛乳ならコップ1杯(200cc)で約7gのたんぱく質を手軽に補えます。忙しい時など、食事を軽く済ませてしまうと、たんぱく質は不足しがち。食事に牛乳をコップ1杯プラスするだけで、手軽に良質なたんぱく質を摂れるのでいいですね」

 もちろん1日にいつ飲んでもOK。運動後に牛乳を飲めば、筋力アップにもつながる。

※女性セブン2014年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
筋肉強化する栄養素ロイシン ほうれん草、プリンに含まれる
胸を大きくする効果ある食材はキャベツ、鶏肉、チーズと医師
良い筋肉作るにはまず水飲むべき 豆腐、レモン、鮭も効果的

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP