体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「KDDI社員が本気で弱ペダOP再現してみた」出演者にインタビュー 「反響はいかがでしたか?」

デジタル・IT
「KDDI社員が本気で弱ペダOP再現してみた」出演者にインタビュー 「反響はいかがでしたか?」

8月1日にYouTubeとニコニコ動画に公開された動画「KDDI社員が本気で弱ペダOP再現してみた」が注目を集めている。ネット上では「KDDIが本気で馬鹿をやっている!」「auさん、いったいどうしちゃったんですか?」などと話題となり、8月25日時点で、本物OP(オープニング)との比較動画と合わせて約40万回以上再生されている。

auスマートフォン向けアニメ見放題サービス「アニメパス」で、人気アニメ『弱虫ペダル』第1期全38話見放題、独占先行配信を記念して作った本動画。アニメを愛するKDDI社員が集い、『弱虫ペダル』第26話-第38話のオープニングを再現した。8月15日にはメイキング動画もアップされ、KDDI社員が楽しく撮影に臨んでいる様子や、本気具合がうかがえる。

そこで、TIME&SPACE ONLINE編集部は、動画制作スタッフを直撃。まず、今回の「やってみた動画」の制作進行を取り仕切り、動画中では「山神」東堂尽八役のKDDI新規ビジネス推進本部 auスマートパス推進部 課長補佐の野又友視さんに話を聞いた。

――KDDI社員で「やってみた動画」を作ろうというアイデアは、いつ頃出たのでしょうか?

「KDDI社員が本気で弱ペダOP再現してみた」出演者にインタビュー 「反響はいかがでしたか?」

野又:アニメパスでの『弱虫ペダル』の配信が6月30日からスタートしたのですが、その約2カ月前からキャンペーンの一環として検討を始めていました。実は、候補作はほかにもあったんです。ただ、弱虫ペダルは、アニメ初心者の方もストレートに楽しめる作品なんです。かつ、アニメファンにとっては作品の認知度はあるにもかかわらず、イベントやグッズ等が少ないイメージがありました。そこで、きちんとコンテンツを出せば、弱虫ペダルファンが注目をしてくれるのではないかと考えました。

――反響が大きいですが、作品の出来は狙いどおり?

野又:はい。動画では、アニメパスの立ち上げのコンセプトである「アニメファンに認められるサービス」を意識して、アニメファンがきちんと楽しめて、さらに「アニメパス分かってるね!」という反応をいただけるよう努力しました。また、私たち”中の人”が本気で楽しんでいることや、体を張って努力している様子をアニメファンの皆さんに伝えたかった。結果として、「お堅い企業の人たちがこんな馬鹿なことを本気でやっている」と話題になっているのは、本当にうれしいことです。

――動画には、総北高校、箱根学園、京都伏見などのさまざまなキャラクターが登場します。そのキャスティングは、どのようにして決まっていったのでしょうか。

野又:実は、アニメパスと『弱虫ペダル』がコラボすると決まった段階では、同作を知らない人たちも社内に結構いました。でも、みんなが見るようになり、気づいたら「弱虫ペダルまだ見てないの?」という空気感ができ上がって(笑)。そこから「やってみた動画」を作ることが決まり、「あの人がこの役に似てる」「この人だったら面白いんじゃないの?」「この役やりたい!」「面白そう! 参加したい」と、企画を楽しもうという人たちが自然と集まってきた形です。

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会