ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

驚異の130Mbps超えも! 東京タワーでCAの”爆速”を体感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

目下、日本中のあらゆる場所で着々と整備が進行しているLTEエリア。1年ほど前の電波環境に比べると、各所での通信速度の向上には目を見張るものがあるが、auでは今夏より新たに国内初となる「キャリアアグリゲーション(CA)」という技術の提供を開始している。そこで今回は、今も昔も東京のランドマークとして親しまれている東京タワーで、このCAの実力を調査した。

はじめに、今一度、CAについてその仕組みを説明しておきたい。CAとは、LTEの次世代通信システムであるLTE-Advancedの主要技術の一つで、複数の周波数帯を束ねて使用することで品質向上を実現するサービスだ。KDDIで提供している800MHz帯と2.1GHz帯という2つの周波数帯にはそれぞれの10MHz幅の帯域があり、受信時には最大75Mbpsの通信ができるが、2つの帯域を合わせて使うことで、最大で150Mbpsのデータ通信を可能としている。さらに、片方の電波の速度が遅くなっても、もう一方の電波で補うことができるため、これまでよりもより安定した通信が可能になる。まさしく、キャリア(電波)をアグリゲーション(集束)することで実現した、次世代型の高速通信システムというわけだ。

【参考】「60秒でわかるキャリアアグリゲーション」動画

CA、驚異の速度に開発担当者も驚きの声

auでは、今夏のモデルから次々とCA対応機種をリリースしてきたが、今回はその”爆速”を体感すべく、CA対応機種の「Xperia ZL2 SOL25」と、比較対象としてCA非対応端末「Xperia™ ZL2 SOL22」を携え、現地へ赴いた。

朝から観光客でにぎわう東京タワー。まずは早速、人通りの多いチケット売り場前で調査を開始。今回は、速度測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を使用し、ダウンロードスピードを中心に計測する。まずは1回目の測定。固唾をのんで結果を待っていると……なんと、対応機種の画面には早々に114.27Mbpsの数字が! これに対し、非対応機種は62.20Mbps。CA対応機種はおよそ2倍の測定結果が得られたことになる。


▲キャリアアグリゲーション(CA)対応機種で計測した場合


▲キャリアアグリゲーション(CA)非対応機種で計測した場合

 

クリックで拡大

しかし、通信速度は他のユーザーの利用状況などでも変わってくるため、常にこの速度が保たれているとは一概にはいえない。ところが、対応機種に関してはその後も125.25Mbps、そしてさらには131.54Mbpsという目を疑うような結果が叩き出された。「屋外の計測で、こんな数字は見たことがないかもしれない」と技術企画本部 モバイル技術企画部の中山典明も驚きの声を上げた。その後も、場所を移動し、敷地内の駐車場でも計測したところ、対応機種では平均して99.58Mbpsと、おおよそ100Mbpsに近い数字が出た。「極端に速度が下がる場面 もなく、通信も安定している」と中山は胸を張った。

auがCAの整備に真っ先に取り組んだ理由

2014年度12月末までには150Mbps対応の基地局を20,000局にまで増やす計画のKDDI。今年5月に、羽田空港で今回と同様のCA速度調査をしてからも、既存の基地局を改修したり、新たに増設し、徐々に多くのエリアでCAを使用した通信が可能となってきている。では、なぜKDDIは他社よりも早く、このCAの整備に乗り出したのだろうか?

中山いわく、その理由は2つあるという。「1つ目は 、保有周波数の課題を補って、お客様に場所を問わず安定した高速通信を提供するため、開発に乗り出しました。そして2つ目が、LTEの人口カバー率が既に99%を突破した今、LTE-Advancedという次の世界観を醸成しつつ、技術ノウハウをいち早く得たかったためです」(中山)。

auの端末では、これまでも2.1GHz帯の20MHz幅の帯域を使うことで受信最大150Mbpsという通信速度が実現可能であったが、それはユーザーの比較的少ない郊外に限ったことであった。「都心部の場合は、3Gのユーザーも2.1GHzを使っているので、すべての電波をLTEでまかなうには限度があります。そこで、800MHzと2.1GHzを組み合わせ、効率よく電波を分散させることで、通信量が集中しがちな都心部でも、地方と変わりなく受信最大150Mbpsという高速通信を実現できるようになったのです」(中山)。

また、CAをエリア内で実現するにはいくつかの条件があるが、これをクリアすることも容易ではなかったと、中山と共に導入を主導してきた勝池崇史も振り返る。まず800MHzと2.1GHzは基地局が異なるため、この2つの基地局をつなぐ必要がある。これに加え、その基地局同士をつなぐ有線回線も、より高速な通信に対応できるものに改修しなくてはならず、また、ソフトウェアのアップデートも必須であった。「これらの条件がすべて整わないことには、実際に手元の端末でCAを使った高速通信は実感いただけません。条件をすべて、同じタイミングでクリアするのには、地道な計画が必要不可欠でした」(勝池)。

▲KDDI 技術企画本部 モバイル技術企画部の中山典明(右)と勝池崇史

次世代型高速通信システムとして、今後もますますその注目度が上がっていくであろうCA。整備が進み、日本どこででもスムーズな動画再生や、ストレスフリーなアプリダウンロードが可能となってきている 。今後auからリリースされる新機種も、続々とCAに対応する予定だ。ぜひ、その”爆速”を自分の手で体感してみてほしい。

■測定条件
日時、場所:2014年9月8日、東京タワー敷地内の2カ所
端末:CA対応端末:Xperia™ ZL2 SOL25、CA非対応端末:Xperia™ ZL2 SOL22
測定方法:「RBB TODAY SPEED TEST」を利用し各5回実測
*最大通信速度はベストエフォートです。ご利用する場所や時間により実施の通信速度は異なります。今回の測定結果は実際の通信速度を保証するものではありません。

関連リンク(外部サイト)

60秒でわかるキャリアアグリゲーション
日本初!「キャリアアグリゲーション」の導入について(ニュースリリース)

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

富士山山頂で、日本最速のLTE通信が始まった
夏のコミケで通信環境強化対策を実施 今年は『弱虫ペダル』とコラボ!
KDDIの技術者が空港でCAをチェック。100M超えも!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP