ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み過ぎた翌朝は、「デトックス朝ごはん」でボディリセット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


食欲の秋。旬の食べ物があれば、おいしいお酒も飲みたくなりますよね。
ただ、パーッと飲みに行ったのはいいものの、翌日頭は痛いし顔はむくむしで、さんざんな目にあった人も多いはず。お酒は高カロリーですので、当然太る原因にもなります。
たとえお酒をいっぱい飲んでも翌日スッキリサッパリしたいなら、朝ごはんでデトックスがおすすめなんです。

お酒を排出するには水分が必要

以前ご紹介した記事でも触れていますが、アルコールを外に排出するには大量の水分も必要なので、水分をとらずに酔いにまかせて寝てしまうと、翌日頭が痛くなったり顔がむくみます。
二日酔いやむくみを防ぐためには、飲みながら、あるいは飲んだあとに水分を補う必要があるそう。
また、お酒を体内で分解するには、ビタミンB、ビタミンC、ミネラル類が必要とのこと。

飲みすぎた翌朝は、ジュースでスッキリ

飲み過ぎた翌日は食欲がない場合も多いですよね。
そんなときは、ビタミンやミネラルがたっぷりで水分もしっかりとれる、野菜ジュースかフルーツジュースだけを朝食にするのがいいのだそう。
手作りでも市販のものでもOK。お酒の分解には糖質も必要なので、糖類が入っているジュースもいいようです。

やっぱり頼れる「トマト」の力

ジュースにもいろいろありますが、とくにおすすめなのはトマトジュース。トマトに含まれる「リコピン」という成分が、脂肪燃焼、シミ予防の効果が期待できるからです。
市販のものでもかまいませんが、ジューサーやミキサーで自分で作ることができれば酵素がたっぷりとれるのでなおいいですよ。
最近、日本のモデルやハリウッドセレブのあいだで「ジュースクレンズ」も流行中。ジュースで消化器官を1~3日休ませることで、デトックス、ヒーリング、脂肪減少効果があるんだそう。
お酒と上手につきあえて、ダイエット効果も期待できる「ジュース」に大注目です!


(グリッティ)記事関連リンク
13kg激太りした理由は太る脳が原因だった?
起床後12時間以内に3食とると痩せる!? リズム食ダイエットとは
チラリとのぞくおなかに自信を持たせる「ドローイングダイエット」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP