ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒップホップ雑誌「Vibe」廃刊、今後はオンライン版で継続

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

ヒップホップ雑誌「Vibe」が廃刊、オンライン版で今後は継続へ

メディア会社SpinMedia Groupは、歴史あるヒップホップ雑誌「Vibe」のプリント版の廃止を決定しました。SpinMediaは従業員全体の14%にあたる19人をリストラすることも発表しました。リストラの対象には今年6月に就任したVibe編集長クレイグ・マークス (Craig Marks)も含まれます。

今後Vibeはオンラインメディアとして継続が決まっています。

SpinMediaは、音楽雑誌SPINの親会社であり、オンライン音楽サイトStereogum、XLR8R、Death & Texasなど多数の音楽メディアを抱えているメディアグループです。

音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズが1993年に始まったVibeは、2013年にSpinMediaに買収されました。

SpinMediaは2012年に雑誌SPINを買収した後、プリント版を廃止、オンライン版のみの運営に移行しました。

オンライン版のVibeは月間のユニークビジター数が600万〜700万人あります。一方、雑誌の発行部数は30万部です。

■記事元http://jaykogami.com/2014/09/9128.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP