ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北の大地で行われたおもしろすぎるマラソンに「なんだこれww」と話題沸騰

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昔はパン食い競争や借り物競争など、実にバラエティに富んだ「かけっこ」が、庶民の間で親しまれてきたが、最近ではそうしたものもすっかり姿を消し、フルマラソンに挑戦する市民ランナーが増加するなど、「ガチ」の陸上競技が中心となっている。しかしそうした中、先日、北海道北見市で実に変わったマラソン大会が実施され、話題となっている。

今回で29回目の開催となるというこのマラソン、なんとスタートからゴールまでの間に、カレーの材料を集めつつ走り、ゴールした後で、それらの具材を使ってカレーを作り食べるというもの。4人1組で参加しているランナーたちは、途中でじゃがいもを掘ったりしながら、2~5kmの区間を走ったのだという。しかも、その参加者たるや実に800人。地元の参加者だけではなく、東京や福岡など、遠方からわざわざ参加したランナーもいたという。

この、一風変わったマラソンに、ネット上からは、

「ことしで29回目!」
「なんだこれwww」
「走って材料掘って更に料理。かなり体力勝負とみたw」
「俺はカレー食うだけがいいなーw」
「肉はどうしたんだろうね?気になるわ」
「特番の企画かよwwww」

…と、その漫画のような物珍しい内容に、驚く声が。

この「食欲の秋」と「スポーツの秋」を同時に具現化したようなイベント、気になる人は、次回の開催時に参加してみては如何だろうか。

文・藤井一成

■参照リンク
・たんのカレーライスマラソン -北見市
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2012042000038/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP