ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モチモチの食感が大人気! 熊谷市民に長く愛されるローカルフード「ふらい焼」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月12日放送の「腹ペコ!なでしこグルメ旅」(テレビ東京系、毎週金曜午後6時58分)では、「その食べ物って何? 激ウマなんですけど…実は隠れB級グルメタウン熊谷」と題し、タレントのモト冬樹さん、ロシアン佐藤さんらが、「小山食堂」(埼玉県熊谷市)を訪れた。

 同店は創業約60年の老舗食堂で、昔懐かしい味の安くてボリュームのある料理が自慢のお店。中でも、熊谷のご当地グルメ「ふらい焼」は、生地の薄いお好み焼きのような見た目の、モチモチとした食感が人気のメニューだ。調理方法は小麦粉と水で作った生地を鉄板で薄く伸ばし、キャベツ、ネギ、切りイカ、豚肉をのせ、上から軽く生地をかける。火が通ったらひっくり返し、ウスターソースを少し多めにかけ、2つに折りたたんだら完成だ。モチモチの食感の秘訣は、小麦粉をダマができないように丁寧にふるいにかけ、水だけで丹念に練ることだという。

 「ふらい焼」を食したモト冬樹さんは「おいしい、(お好み焼きとは)全然違う。うまいうまい」と絶賛。佐藤さんも「おもったよりも薄味かもしれん。さっぱりしてる」と、ウスターソースの味付けと絶妙な食感に舌鼓を打った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:小山食堂(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:熊谷・行田のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:熊谷・行田×その他の料理のお店一覧
「ライセンス」井本も大満足! レトロな雰囲気漂う大衆食堂の絶品カツ丼
ボリューム満点! お好み焼きと焼きそばを同時に味わえるお得なセットメニュー

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP