ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重曹の10倍の洗浄力!?「セスキ炭酸ソーダ」の実力がヤバい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

環境にやさしい万能洗浄剤といえば、重曹が有名だ。しかし最近、重曹の10倍の洗浄力を持つというエコ洗浄剤「セスキ炭酸ソーダ」 がじわじわと話題になっているのをご存じだろうか?

水に溶かせば、スーパーエコ洗剤に変身!

「セスキ炭酸ソーダ」 は、重曹と炭酸塩の中間に位置する弱アルカリ性物質で、別名「アルカリウォッシュ」 と呼ばれる。水と分離しやすい重曹に比べ、水に溶けやすく、アルカリ成分が強すぎないため肌にも優しい。また、重曹が苦手とする油汚れや皮脂汚れに適応するので、衣類用の洗濯洗剤としても使用できるという。今回は、その洗浄力を実際に検証してみた。

IHコンロの焦げつき汚れに挑戦

IHコンロの表面についた焦げつき汚れ。キッチン掃除用アルコールティッシュで毎日拭いていたが、まったく取れないので諦めていた。スプレーボトルに水500cc+セスキ炭酸ソーダ小さじ1を加え、汚れに吹きかける。

スポンジで軽くこすると、驚くほどあっけなく汚れが落ちた……! 焦げつき汚れには、相当な力を発揮してくれるよう。全体を拭くと、まるで新品のようにピカピカになったではないか。

電子レンジの油汚れに挑戦

恥ずかしながら、長いこと掃除せずにいた電子レンジ内。油汚れや食べ物の臭いが……。コンロと同様、セスキ炭酸ソーダスプレー+スポンジで、汚れ落としに挑戦!

食べ物の油を分解する力が強いのも、セスキ炭酸ソーダの特徴のひとつ。油汚れも臭いも、スッキリ落とすことができた。

シャツの皮脂汚れに挑戦

Yシャツの襟や袖口についた黒い皮脂汚れは、なかなかやっかいだ。セスキ炭酸ソーダ水をたっぷり含ませ、ブラシでこすって洗濯してみた。

洗濯にもセスキ炭酸ソーダを使用。水30Lに大さじ2杯を投入。タオルやTシャツも一緒に洗い、仕上がりを確認してみる。

完全とは言えないが、襟と袖の皮脂汚れはかなり薄くなっている。シャツ全体も、白く仕上がった印象だ。

あえて柔軟剤を入れずに洗ったこともあるが、タオルの仕上がりには多少ごわつきが残った。一緒に洗ったTシャツなどは、パリッとした仕上がりに。あまり汚れの強くないものや、硬めに仕上がっても問題ない衣類であれば、問題なく使用できそうだ。

検証の結果、セスキ炭酸ソーダの優れた洗浄力を実感することができた。重曹のようにボトル内で水と分離、沈殿してしまうこともなく非常に使いやすい。手触りもサラサラしており、掃除後に手荒れなどを起こすことなく、思う存分使えそうだ。

環境にも肌にもやさしく、しっかり汚れを落としてくれる「セスキ炭酸ソーダ」。ぜひ一度、その能力を試してみてはいかがだろう?

(波多野友子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP