ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2度失業した「職なし夫」を養うFP エサで釣って就活させる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫が1999年と2006年に2度失業し、“職なし夫”を養うことになったファイナンシャルプランナーで『わたしと夫の失業日記』(同友館刊)の著書・神田理恵さん(45才)。

「生活のほうは幸い貯金もあり、私のパートと失業保険でなんとかなりました。ただ、夫は仕事が決まらなくても“なんとかなるっしょ”という態度。私はママ友に言えず気をもんでいるのに、当の本人は一晩中、パソコンゲームをやったり、小説を読んだり、もう、イライラしましたね」(神田さん・以下「」内同)

 でも、そこで“本気で探してるの!?”と責めたり、“あなたは気楽でいいわね”と嫌味を言うと、事態は悪化してしまったという。

「男の人は見た目よりナイーブ。感情をぶつけると、逆ギレされたうえ、落ち込んでうつ状態になることも。それこそ働けなくなって大変です」(神田さん)

 そこで神田さんは、“仕事をしたら収入が増え、楽しいことが待っている”とひたすらアメ作戦に徹したという。男性は理屈と数字で見せるのが何より効果的。

「働いて月1万円貯蓄すれば年12万円。これだけ貯まったら、家族で豪華な温泉に行ける。あなた1人ならヨーロッパだって行けちゃうわね!」と、旅行好きな夫を刺激し続けたところ、夫の目に光りが宿り、就活にも節約にも積極的になった。

 そうしてご主人は、見事再就職に成功し、家計はなんと失業時と比べ20万円も黒字化したという。

※女性セブン2014年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
定年退職後は「失業給付」を利用することで月8万円おトク
長谷川理恵 神田正輝に逆プロポーズをするも人生初の拒絶
神田正輝と破局の長谷川理恵 神田以上の男と会えるかを心配

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。