ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤巻亮太 配信限定シングル「アメンボ」リリース決定、ソロ初の映画主題歌

DATE:
  • ガジェット通信を≫

藤巻亮太が配信限定シングル「アメンボ」をリリースすることになった。9月17より「OORONG-SHA MOBILE」から先行配信、10月1日から、レコチョク・iTunes Store他にて一斉配信を行う。

「アメンボ」は山梨放送開局60周年記念作品映画『太陽の坐る場所』主題歌。劇中では響子(水川あさみ)が担当するラジオ番組にリクエストでレミオロメンの「永遠と一瞬」が届き、この曲に共感する響子が口ずさむシーンも。映画の持つイメージを通じるものを感じた矢﨑監督はボーカル・ギターの藤巻亮太に主題歌をオファー。その藤巻は編集中監督の元を訪ね、作品からイメージを膨らませ、新曲「アメンボ」を書き下ろすことになった。藤巻にとってはソロ初となる映画主題歌の誕生となった。曲作りの最中に聞いた「心に刺さった棘をあえて抜かない選択もある」という監督の一言で前に進めたという藤巻。甘く切ない歌声は映画を優しく包み込み、理想のエンディングとなっている。

藤巻はこの映画を見て、「“人はいろいろな時間軸の中で生きながら、過去や現在と自分の中で向き合って、新しい未来へ向かっていく”というポジティブなメッセージを受け取りました。自分と向き合う勇気、一歩踏み出す勇気、そしてその先にあるもの。そのテーマに添えられる曲をと思い、主題歌「アメンボ」を作りました。静かで美しい映画。矢崎監督の作り上げる世界観は本当に素晴らしい。監督、原作者、舞台など、故郷山梨にゆかりのある映画に参加させていただいて、光栄に思います。」と語っている。

配信情報
配信限定シングル「アメンボ」
9月17日~ OORONG-SHA MOBILE先行配信
10月1日~ レコチョク、iTunes Store他一斉配信

関連リンク

■藤巻亮太 公式サイトhttp://www.fujimakiryota.jp/
藤巻亮太 twitter@Ryota_Fujimaki
藤巻亮太 Facebookhttps://www.facebook.com/RyotaFujimaki.Official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP