ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MUCC謎解きイベント大盛況にて終了、本日夕方MUCCから緊急発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月10日にシングル「故に、摩天楼」をリリースしたMUCC。9月23日には3月から始まったLIVE PROJECT「SIX NINE WARS-ぼくらの七ヶ月間戦争-」のファイナルとなる国立代々木競技場第一体育館Final Episode「THE END」の開催も控える。このリリースとワンマンライブの開催を記念して、9月13日にスペシャルイベント「代々木まで待てんろう!故に、ぼくらの七時間戦争」〜New Single発売&代々木直前SP〜を開催した。

今回のイベントは「THE END」の会場ともなっている国立代々木競技場第一体育館と同じ、渋谷の街を舞台に繰り広げられた。シングル「故に、摩天楼」を、対象店舗にて購入した人が参加出来る“謎解きスタンプラリーイベント”となっており、スタンプカードの指令を元に謎を解き、ゴール地点で行われる握手会へと参加する権利を得る、というもの。

チェックポイントで貰えるヒントにより解き明かされる、イベント開催「時間」、そして「会場」。参加者たちはスタンプカードと一緒に貰える“MUCC”とロゴの入った黒い風船を掲げて、ヒントとなるスタンプを求め、渋谷の街を謎解きに奔走した。スタートから時間が経つにつれて、“MUCC風船”を持つ参加者がどんどん増加。最終的に参加者は約2000人まで増え、渋谷の街のどこに行っても黒い風船を掲げる姿が見受けられた。何も知らない一般の通行人がその風船を振り返っている様も多く見られ、渋谷がどんどん“MUCC色”へと染まっていった。

難問を解き明かした参加者はゴールとなる会場にてMUCCのメンバーとの握手会に参加し、朝から渋谷を奔走した参加者にも安堵の表情が見えた。だが、なんと会場にてMUCCメンバーからの最終ミッションが発表された。その最終ミッションが「18:09〜18:15までの6分間、交通ルールを遵守し、“MUCC風船”を持ちながらスクランブル交差点を横断する」というもの。その横断している姿をMUCCメンバーが撮影するというのだ。

安心もつかの間、参加者は最終ミッションへと挑むため、18:05頃には既に“MUCC風船”を持ちスタンバイする姿がスクランブル交差点付近に数多く見受けられた。そしてとうとうミッション時間の18:09。参加者が一斉にスクランブル交差点を横断し、スクランブル交差点は一気に”黒”に包まれた。その姿は異様かつ圧巻そのもので、イベントを締めくくるにはふさわしい光景となった。

そんな彼らから本日の夕方に緊急の発表があるとのこと(http://www.youtube.com/user/muccofficial)。

写真:緒車寿一、田中伸二

関連リンク

ムック オフィシャルサイト:http://www.55-69.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP