ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一流パティシエがそろった品評会 96%のパティシエが美味しいと答えた市販のお菓子とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「スイーツ男子」という言葉も定着したように感じる昨今。以前と比べて、ケーキやプリン、そしてチョコレートを買う機会が増えたという男性読者も多いのではないだろうか?

とはいえ、「スイーツ男子という言葉ができる前から、甘いものは好きだったよ」と感じる人もいるかもしれない。株式会社クロス・マーケティングが2011年に発表した調査によると、男性でスイーツを「かなり好き」と答えたのは48%、「好きな方だと思う」との答えは48.3%と、ほとんどの人が「甘いもの好き」だとする結果が出た。たしかに、こうした嗜好は、今に始まったこととはいえないだろう。

一方、「月に10日以上、コンビニでスイーツを購入する」という男性は20.9%、「月に5日以上、10日未満」は21.2%と、なんと約4割が週1回以上、コンビニでスイーツを購入しているとの結果も出ている。コンビニで数々のスイーツが取り扱われるようになったことで、「専門店には行きづらい」と感じてしまう男性でも手軽に購入できるようになり、そして、スイーツ男子が取り上げられるようになったといえそうだ。

ここまで「スイーツ男子」が一般化してくると、パティスリー(パティシエが在籍する洋菓子店)にも興味が湧くところ。気恥ずかしさを感じる男性もいるかもしれないが、華やかなイメージとは裏腹に、力を使ったり立ちっぱなしだったりと肉体労働であるから、有名パティシエは女性より男性の方が目立つ。

そんななか、ロッテが5人の実力のあるパティシエを招き、とあるお菓子の品評会を行った。

【動画】http://youtu.be/JdA1LcJ5sUA

ここで登場するのは、フランスで最も権威あるショコラ愛好会「C.C.C.」のコンクールで3年連続最高位を獲得した経験を持つショコラティエの小山進氏(パティシエ エス コヤマ)と、堀江新(ラ・ヴィ・ドゥース)、中川二郎(パティスリー キャロリーヌ)、佐藤均(シュークリー)、高木康裕(菓子工房アントレ)の5人。動画内では、ロッテが昨年発売した本格洋菓子「ショコランタン」の品評会を実施している。

このショコランタン、パティシエ56人に対してアンケートを行ったところ、「美味しい」と評価した声は96%、さらに91%が「本格化している」と回答しているのだとか。動画でも、「チョコレートとナッツのバランスがあり、完成度が高い」(中川氏)、「プロのケーキの飾りに使えるくらいのグレード」(小山氏)など、パティシエたちは評価。堀江氏が発した「ナッティ感」という言葉に「ゆってぃ?」と返したペナルティ・ヒデのボケも霞んでしまうほど、パティシエたちがマジメに評価していることを実感できる。

もちろん、ショコランタンはコンビニ・スーパーでも販売しており、堀江氏は動画でその事実に対して、「パティシエとしては驚きと恐怖感がある」とコメント。また、審査委員長の小山氏は、動画の最後にショコランタンをアレンジしたプレートを持ち込み、ヒデは「洒落てるなぁ」と大感激だ。

専門店のスイーツに興味がありつつ「行きづらい」と感じている人も、ショコランタンの何をプロが評価しているのかを感じ取りながら食べてみれば、より味わいも深くなるのではないだろうか。

■参照リンク
・96%のパティシエが認めた洋菓子!|5人のプロ品評会 ペナルティ・ヒデ| ロッテ Choco-motion TV
http://youtu.be/JdA1LcJ5sUA 
・ロッテ ショコランタン
http://www.lotte.co.jp/products/brand/chocolantan/ 

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP