ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【歌って踊れる捕手】まさに男の中の男! 里崎智也の精神力を見習え!!【2006WBCベストナイン】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 また1人、プロ野球界から個性的な選手が現役を退くことになった。千葉ロッテマリーンズの里崎智也である。9月12日、正式に引退を表明。今年5月に手術した左膝が回復せず、決意したという。
 過去に取材経験がある『野球太郎』編集部に里崎智也の魅力を聞いた。その言葉の節々に「幕張の勝負師」と呼ばれた彼の本質が凝縮されている。

     *   *   *

◎世界一の司令塔

 1976年5月20日、徳島県で生まれた里崎は鳴門工(現鳴門渦潮)から帝京大を経て、1998年ドラフト2位でロッテに入団。2005年には、31年ぶりの日本一に大きく貢献。翌2006年には第1回WBC日本代表にも選出され、王貞治監督のもと、正捕手として世界一のタイトルと同時に、ベストナインも獲得。2007年の北京五輪アジア予選では、本戦出場の切符獲得の立役者となった。

 里崎の特徴は、何といっても抜群の勝負強さにある。前述した国際大会ならではのプレッシャーについては、「全然(緊張は)ないですね。僕の場合、『敵地だから』とか、『負けられない戦いだから』というプレッシャーは、ほとんどありませんでした」とコメント。

 さらに自身がチャンスに強いイメージがあることについて、チャンスの場面で何を考えているか問うと、

「打った後のことしか考えていないですからね。『ここで打ったら、明日の一面だな』とか」

「(守っているときも)僕は最悪の状況は考えずに、良い状況をイメージして、少しでもそれに近づけようと考えています」

 と里崎は語っている。

 このコメントから読み取れるのが、里崎は前向きすぎるほどのプラス思考だ。不安やプレッシャーに打ち勝つ、というよりも、頭の片隅にも不安などをよぎらせないポジティブシンキングこそ、里崎の最大の魅力といえる。

◎ボロボロだった肉体

 そんな鋼のような精神力を持っていた里崎。しかし、肉体面はボロボロだった。31年ぶりの日本一に輝いた2005年以降、ほとんど休むヒマがなかったのは、ファンであればよく知っている事実。

 2005年はアジアシリーズで11月まで野球を続け、2006年はWBCのために、早めの調整でスタートし、シーズンオフには日米野球に出場。2007年はクライマックスシリーズ、さらに12月は北京五輪予選……。さすがに体も悲鳴を上げ、右ヒジには今までにない痛みを感じていたという。

 引退の引き金となったのは、2004年にも半月板の手術を経験している左膝のケガ。捕手は一見、息の長いポジションのイメージがあるが、1試合で何度も立ったり座ったりを繰り返し、素早いバント処理や人工芝での走塁など、里崎の膝には相当な負担がかかっていたのだろう。

◎歌って踊れる捕手

 また、その愛すべきキャラクターも、我々ファンにとっては忘れられない。野球選手の次に歌手になりたかった、というほど歌が好きで、試合後のファンサービスでは球団応援歌を披露。ファンを大切にして、過去には単独でクリスマスディナーショーを行うなど、“歌って踊れる捕手”の異名を持つ人気者だった。

歓声の渦巻いて 大きく放り込め 歌え! 踊れ! 打ちまくれ! いざ行け里崎

 かつて野球選手の応援歌に「歌え! 踊れ!」という歌詞が使われたことがあっただろうか。ロッテ以外のファンからも愛された里崎は、将来は必ずや現場に戻って、後輩たちにその勝負強さと、人気者になれる秘密を伝授してほしい。

※『週刊野球太郎』は、auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

■関連リンク
終電後も続いていた過酷な試合
プロ野球史上最長の延長試合が壮絶
スポーツ界の年長記録者列伝

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP