ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「趣味に浪費」等お金が溜まらぬ家庭の夫の行動パターン5つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 なかなか貯金が増えない原因は、消費税ウンヌンの前に、いちばん身近な夫に原因が!? 数多くの家庭で家計相談を受けてきたファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんが言う。

「奥さんがやりくりをがんばっているのに貯まらない。そんな家計を診断すると、ほぼ間違いなく夫が無駄づかいしています」

 サラリーマン家庭の平均的な支出をみると、1か月31万円強。このうち夫のこづかいは10%強を占める、大きな出費だ。しかし、本来は毎日の食事代をのぞいて5%程度に抑えるべきと花輪さんは言う。

 本誌「女性セブン」が8月下旬、全国200人の既婚女性を対象に行ったアンケート調査でも、実に66%の妻が、貯金が増えない理由に「夫の無駄づかい」をあげた。

 それにしても、なぜ夫は家計にこうも非協力的なのか。心理学者の富田隆さんによれば、男性はお金に対する考えが女性とまったく異なるという。

「古来に狩りをしていた男性は、リスクを恐れないよう脳が発達してきました。したがって、物事のとらえかたが楽天的で、お金もあるだけ使ってしまう傾向にあります。一方、長く家を守ってきた女性の脳は、リスクを回避しようとする安定志向が。お金を貯めこむ傾向があります」

 つまり、妻がしっかり教育しない限り、夫は大事なお金を好き放題使ってしまうのだ。本誌アンケートによると、貯まらない家庭に特徴的な夫の行動パターンは次の5つ。

 1位は、水や電気をやたら無駄づかい。「あなたの夫は水や電気を無駄づかいしますか?」の問いに58%が「はい」と回答。

「トイレ、風呂の電気がいつもつけっぱなし」(43才・愛知県)、「顔を洗うときの水の勢いがありえない」(33才・東京都)など、6割近い妻が夫のガサツさに腹を立てている。富田さんいわく、「男性は視野が狭く、興味のあること以外はとことん手を抜く傾向が」。

 2位は、趣味にお金をかけすぎ。「あなたの夫はお金のかかる趣味をもっていますか?」の問いには、53%が「はい」と回答。

「自転車にハマって毎年20万円するマシンを買ってくる」(51才・兵庫県)など、男性は趣味に走ると、際限がない傾向が。「男性にとって、欲しいモノ=獲物。手に入れたり、コンプリートすることで達成感を得ているのです」(富田さん)

 夫の無駄づかい第3位は飲み会・酒代。「飲み会が多い?」に、「はい」と答えたのは42%。

「週に3回も飲み会にいく」(56才・大阪府)、「家のお酒は飲み放題だと勘違いしている」(43才・静岡県)など、4割強の妻がため息をつく。「瞬間的な楽しさを味わえる飲酒は、将来のリスクに目を向けない男性の典型的な行動です」(富田さん)。

 4位は、お菓子やジュースを大人買い。「飲み物やお菓子を毎日のようにコンビニで買う」に、「はい」は33%。

 妻が10円でも安く食材を買おうと努力している横で、夫は毎日コンビニへ。「お金を使ってモノを手に入れる行為は、それ自体が快感。ストレスの発散の場になっているのです」(富田さん)。

 5位は、週末はギャンブル。「パチンコや競馬にお金を使う」に、「はい」は28%。

 パチンコや競馬のギャンブルは、数万円単位のマイナスになることが多く、家計にとっては大きな痛手。「男は一か八かの決断をするのが好き。仕事でそうした刺激がない人ほど、ギャンブルにハマりやすい」(富田さん)。

※女性セブン2014年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
全国の家計の平均 夫の小遣い4万600円、40代貯蓄額1088万円
小中学生 携帯電話の代金が最も高いのは中学2年生の5395円
「プラモと家族どっちが大事?」でプラモ選択夫、実家送りに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP