ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Chromeに対して悪意のあるプログラムを検出するWindowsツール「ソフトウェア削除ツール」のベータ版をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Chrome に対して悪意のあるプログラムを検出する Windows ツール「ソフトウェア削除ツール」のベータ版をリリースしました。「ソフトウェア削除ツール」は、Chrome の動作で問題を引き起こす可能性のある拡張機能や Chrome アプリなどのプログラムを検出し、ユーザーに知らせ、もし、検出された場合は Chrome のリセットを促すツールです。Chrome の動きがいつもと違う場合、悪意のあるプログラムの仕業かもしれないので、そういう時に使いってチェックします。利用方法は下記のリンク先の「Download now」をクリックして「software_removal_tool.exe」をダウンロード。実行するとスキャンが実行され、結果がポップアップ表示されます。問題があると判定されたアプリがなければ「no susupicious program found」と表示されますが、それでも「Continue」をクリックすると Chrome のリセットメニューにジャンプします(リセットすると初期化されます。なので、実行するのかどうかはユーザーの判断によります)。Source : ソフトウェア削除ツールGoogleヘルプ


(juggly.cn)記事関連リンク
パナソニック、1インチのCMOSイメージセンサーを備えたAndoridベースのハイスペックカメラスマートフォン「Lumix CM1(DMC-CM1)」を発表
Sony Mobile、Xperia Z3やXperia Z3 Compactなどの最新機種を香港で発表、台湾では9月19日に発売イベントを開催
Google、Android版YouTubeのオフラインモードをインドで提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP