ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性の見た目アップ法 人の視線意識をしてジャストサイズが基本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 仕事をしている姿はそれなりだけど、休日になると魅力半減どころかゼロ近くなる夫。

「男性は着心地を最優先して洋服を選びがち。そもそもこれが間違いなんです」と語るのは、伊勢丹メンズ館のバイヤーを経て、男性専門のファッションコーディネートサービスを行う『ライフブランディング』代表の吉田泰則さん。

「ファッションはコミュニケーション・ツール。相手から見た時に自分がどう見られるか、失礼はないか、不快にさせないかを意識するだけで、いわゆる“おじさんファッション”から抜け出せます」(吉田さん・以下同)

 夫の仕事姿がマシなのは、公の場で働く者として相手を意識しているから。オフになるとこの感覚が抜け落ちがちだ。

「ファッションに興味があり、買い物好きな女性とは違い、買い物が好きな男性は、2~3割程度。残りは必要に駆られて買いに行っている。好きではないものに気を使わないのは、ある意味自然ですが、人から見えてしまっていることを意識するだけでも、洋服選びに変化が見えるはず。男性が着るものは種類が少なく、下にはくもののほぼ99%は長ズボン。女性ほど選択肢の幅がない分選びやすく、ちょっと気をつけるだけで、格段によくなります」

 日本人男性の約8割が大きめサイズを選びがちと、吉田さんは指摘する。

「大きすぎるサイズは、細い人を貧弱に、大きな人をだらしなく見せてしまいます。体が大きいかたこそ、ジャストサイズが基本。色は黒や暗めなどの収縮色を選び、柄を選ぶなら細めのストライプ、伸縮性素材の服が動きやすいでしょう。

 また、同じMサイズでも、メーカー、ブランドによって大きさが違います。サイズ表示に頼らず、量販店であっても試着は必須。ひとつ下のサイズも一緒に試着し、夫が自分に本当に合うものを選べるよう習慣づけましょう」

 やせ型の人は暖色系や明るめの膨張色を、太めの人は、寒色系や暗い色の収縮色を意識して選び、印象を上げるなら、綿やウールなどの天然素材がオススメだ。

※女性セブン2014年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
浜崎あゆみ ラフォーレ原宿で20分で42万9800円の買い物
人気モデル・ヨンアを撮り下ろし ベッドの上で艶やかな視線
梨花ら芸能人ブランド 以前は広告塔だったが今は総合的関与

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。