ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元モー娘。保田圭に テレビ局関係者が「何か持っている」評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「何かを持っている」芸能人というのは、存在するのだろうか。8月30日、31日に放送された『24時間テレビ37 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の番組全体の平均視聴率は17.3%という歴代6位を記録。瞬間最高視聴率は31日の午後8時50分、チャリティーマラソンランナーであるTOKIO城島茂がゴールした直後の41.9%だった。

 会場の日本武道館が感動に包まれているとき、インタビューを受ける城島の後ろに映り込んでいたのが、太川陽介と保田圭の2人だった。テレビ局関係者が話す。

「やっぱり、2人は何か持っているんでしょう。保田は『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了発表時にも画面に映っていた。太川はその翌日に『テレフォンショッキング』のゲストに呼ばれていた。

 正直、保田はテレビ番組表に名前を打てるほどの引きはない。でも、こうやって注目される場面に何度も出てくると、『何か持っている』と思われるんですよ。これは、芸能人にとってすごく大事なこと。テレビマンは、必要以上に運を気にしますから。たとえば、ひな壇や元モー娘。で誰を呼ぼうかと迷ったとき、『保田圭は持ってる』とプロデューサーが思えば、その運に頼ろうと考える人もなかにはいるんです」

 モーニング娘。のなかでは、どちらかと言えば目立たないポジションだった保田が、いまだに芸能界で生き残っている理由は何か。芸能記者はこう分析する。

「トップアイドルグループで人気ナンバーワンを何年も続けていると、必ず休養したくなる時期が来る。背負っている重荷が必然的に違い、プレッシャーも半端じゃない。反動で、あまり表舞台に出たいと思わなくなるのです。

 また、変に“格”が出来上がってしまうから、解散や卒業した後、過去を振り返るような企画やひな壇の扱いでは呼びづらくなるし、事務所サイドも出させなくなる。それに、全盛期が素晴らしければ素晴らしいほど、年齢を重ねた時に当時とのギャップが大きくなってしまう。

 失礼ながら、保田はどれにも当てはまらない。ワン・オブ・ゼムでしかなかったグループ時代とは違い、ソロとしてテレビ出演すると、場合によっては一手に注目を受ける。グループ在籍時にはなかった快感を味わえる時もある。

 思えば、太川もアイドル時代に大ブレイクとまではいかなかった。それでも、地道に活動を続けてきたことが、今のブレイクにつながっているのではないでしょうか」

“あの人”が去ったことも、保田に光が差した原因ではないか、という意見もある。前出・テレビ局関係者が語る。

「ワイプ芸に定評のある矢口真里が“健在”であれば、『24時間テレビ』のエンディングでも、矢口が映っていたかもしれません。保田はあの立ち位置にはいなかったと思います。実際、今までなら矢口がいたポジションに、同じ事務所所属の保田がいることもある。そういう意味でも、やっぱり何か持っていると思います」

 モー娘。時代から休止期間もなく、地道に活動を続けてきた保田に今、スポットライトが当たろうとしているのかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元モー娘。保田圭 マツコ、ミッツ他オネエ業界から大人気
田中みな実アナ 久保田智子アナのマラソン会不参加で苦境に
保田圭 結婚前提でなくては付き合わず男から“重い女”扱い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP