ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Motorola、AT&T版「Moto X(2nd Gen)」、「Moto X Pure Edition」、「Moto Hint」、「Motorola Turbo Charger」の予約受付を9月16日に開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Motorola Mobility は 9 月 14 日(現地時間)、同社が今月上旬に発表した「Moto X(2nd Gen)」の AT&T 版、「Moto X Pure Edition」、「Moto Hint」、「Motorola Turbo Charger」の予約受付を米国時間 9 月 16 日(中央時間 午前 11 時)より開始すると発表しました。Moto X (2nd Gen)は同社の新フラッグシップスマートフォンです。今回始めて目にする「Pure Edition」とは、キャリアカスタマイズの施されていない SIM ロックフリー版のことです。それだけではなく、ブートローダーのアンロックに対応しており、Motorola 直販で販売されます。価格は $499 (約 53,000 円)です。Moto X は、5.2 インチ 1,920×1,080 ピクセル(423ppi)の OLED ディスプレイ(ゴリラガラス 3 搭載)、Snapdragon 801 MSM8974ac 2.5GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB / 32GB ROM、1,300 万画素リアカメラ(F2.25)、前面に 200 万画素(フル HD 対応)、2,300mAh バッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、GPS / GLONASSに対応。筐体サイズは 140.8 x 72.4 x 9.97mm、質量は 144g。Moto Hint は、耳栓タイプの Bluetooth ヘッドセットで、Moto X との組み合わせでは音声コマンド(Moto Voice)を利用することができます。価格は $149 (約 16,000 円)。Motorola Turbo Charger は、Qualcomm の急速充電技術「Quick Charge 2.0」に対応した充電器のことです。価格は $34.99 (約 3,700 円)です。Source : MotorolaMotorola USA製品情報


(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon、Micromax製Android Oneスマートフォンをインドで午後3時半に発売へ
Android 4.4.4版Xperia ZR(C550X)にアプリの自動起動オプションを追加するカスタマイズ方法
アプリUIをリニューアルして新機能も多数追加したAndroid向け「ドルフィンブラウザー v11」がリリース、本日より段階的に配信

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP