ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本場ドイツのビール祭り、オクトーバーフェストに行ってみよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本でも頻繁に開催されるようになったオクトーバーフェストですが、ご存知の通りドイツのお祭り。

9月半ばから10月頭にかけてドイツ・ミュンヘンで行われる世界最大のビール祭りで、近年ではなんと600万人を超える人が訪れるそうです。

オクトーバーフェストの会場はテレージエンヴィーゼという公園で、ミュンヘン駅からもほど近い場所にあります。

そこにビール会社などが運営する巨大なビールテント(ビールやドイツ料理をふるまう仮設レストラン)と、観覧車、メリーゴーランド、お化け屋敷などちょっとノスタルジックな移動遊園地のアトラクションが立ち並びます。

オクトーバーフェストの楽しみの一つは、女性はディアンドル、男性はレダーホーゼンというバイエルン地方の民族衣装を着て行くこと。

オクトーバーフェスト期間中はミュンヘン市内のお店で手頃価格で販売されているため、多くの観光客がバイエルン地方の民族衣装でこのお祭りを楽しんでいます。

ビールテントでは、基本オーダーをすると「マス」と言われる1リットルサイズの特大ジョッキでビールが出てきます。

昼間はビールとともにソーセージやザワークラウトなどのドイツ料理を穏やかに楽しんでいる雰囲気ですが、夕方になると様相が変わってきます。

ライブミュージックのバンドがドイツの歌謡音楽を演奏し始めると、続々と人々が椅子やテーブルの上に立って踊りだします。

最後には会場全体でビール片手に歌って踊って大騒ぎ。定期的に流れるかけ声に合わせて、みんなで乾杯!そして夜はふけていきます。

日本のオクトーバーフェストとは規模も内容も迫力も、すべてのレベルが違う本場のオクトーバーフェスト、一度行ってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。