ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太川陽介 妻・藤吉久美子との出会いについてWikiの誤り指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ東京系『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で大ブレイク、新刊『ルイルイ仕切り術』(小学館)も上梓した「ルイルイ」こと太川陽介(55)。妻は女優・藤吉久美子で、芸能界のおしどり夫婦としても有名だ。2人のなれそめについてはネット上のフリー百科事典・Wikipedia(ウィキペディア)にも記載されているが、その記述(2014年9月上旬時点)に間違いがある、というのは、他ならぬ太川陽介自身だ。太川が2人の「出会いの真相」を明かす。

 * * *
 ボクとカミさんの出会いが、ウィキペディアに載っているそうです。スタッフから聞いた話では、そこにはこう書いてあるそうです。

“太川と藤吉とのなれそめは、ある時代劇の撮影で共演して、撮影終了後に東映京都撮影所から京都駅に向かうタクシーで相乗りしたのがきっかけ”

 はっきりいいます。撮影後にタクシーに相乗りしたということ以外全然違います!! ここで真実を書きましょう。

 時は1994年。NHK大阪で藤山直美さん主演のドラマ新銀河『大阪で生まれた女やさかい』を撮っていた時のことです。ボクもカミさんも出演していて、3~4カ月収録期間があったんですが、一度も同じ日に撮影したことはなかったんです。ところが唯一同じシーンが一度だけあって、ボクはそのシーンが終わったら大阪から東京へ帰ることになっていました。

 そして撮影が終了して、控室でメイクをおとしていたらNHKのスタッフがやってきて、「太川さんのタクシーで新大阪駅まで藤吉さんを乗せてもらってもよろしいですか?」 といってきたんです。

 そこでふたりでタクシーに乗って新大阪まで行き、東京まで新幹線で一緒に帰ることになったんですが、ちょうど東京へ着くのが夕方くらいになる新幹線だったんですね。そこでボクはなんと、新幹線が出発する前にすでに東京で夕飯を食べる店を電話で予約しておいたんです。もう今日は藤吉さんを夕ご飯に誘っちゃおう! と。

 ここらのボクは素早いですよ。なにしろ女のコ大好きですから。当時のボクはもう30歳過ぎて、結婚を前提としたお付き合い以外はしないつもりだったんです。ただの恋愛は時間の無駄だと思ってたんです、年齢的に。

 だから気に入った女のコに出会うとかなり積極的に食事に誘ってはいたんですが、ボクが女性を見る時、食事っていうのはすごく大事な要素なんです。一緒に食事して楽しくないコは当然だめなんですが、食べ方から箸の使い方まですごく気になるんです。

 ゴハンを残すのはいいんですが、問題は残し方ですね。お茶碗の中でどのようにゴハンが残っているか? そういうところまで見てしまうんです。お水を飲む時に箸を持ったまま飲む人なんて、言語道断ですね。

 そしてボクと同じようにたくさん食べてくれる人。「わたし、小食なんで」なんていわれると、そんな人とはもう二度と食事に行かない。全部食べられなくても、きれいに残して、楽しく食べてほしいじゃないですか。

 そしてその日。今のカミさんとは、東京にある京都のお惣菜料理の店に行ったんですが、もう本当においしそうに、そしてきれいに食べてくれて、それはそれは楽しい時間を過ごせたんですね。

 カウンターのお店なんですが、カウンター越しにお店の人に、「この料理はどうやって作るんですか?」なんて聞いたりして。もう完璧だったんです。それで大きなマルが彼女に付いちゃったんですね。

 それと、ボクは女性と付き合いだすと、必ず自分の大勢の友達に彼女を会わせるようにしているんです。ふたりっきりでいるとふたりの世界でとても幸せだけど、恋しちゃってますから客観的に見れないんです。

 大勢の友達の中に女のコを連れていくと、今まで見えなかった面も見えてくるんですね。急にボクよりしゃしゃりでて話す人とか、そういう人はちょっとNGです。そういう点でもボクのカミさんはボクにとって完璧だったんですよね。

 これがボクとカミさん・藤吉久美子の出会いの真実です。

※太川陽介・著『ルイルイ仕切り術』(小学館)より


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
太川陽介 バスの旅で最もイライラした蛭子能収の言動を告白
テレ東『路線バスの旅』の方針を決定づけた相本久美子の一言
太川陽介 旅番組が高視聴率連発で「何か持っている」の声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP