ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴルフのパット 理想的なフォームとパター選びのポイントは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴルフにおいては、300ヤード飛ばそうが30センチのパットだろうが、どちらも1打は1打。だが、とりわけアマチュアは、どうしても飛ばすことに目が行きがちだ。パターに関しては「転がすだけ」と、ロクに知識もないままコースに出ている人もいるのでは? 今さら聞けない「パターの疑問」にお答えしよう。

Q1:理想のフォームとは?

A1:パターはゴルフで唯一フォームが決まっていない。興味深いのがミシェル・ウィーのフォーム。腰をほぼ直角に曲げ、上半身を前に大きく倒す独特なフォームだ。この理由はグリーンに目線を近づけ、かつスイングプレーンをグリーン面に対して垂直に保つため。今年、このフォームを取り入れて4 年ぶりに優勝した。

Q2:グリップは太い方が良い?

A2:最近はパターのグリップを極端に太くする人も多い。太くなると手首を使いにくくなって肩でストロークするため、フェース開閉の動きが極力抑えられ、方向性もよくなる。ただし、グリップ部分が重くなってヘッドが軽く感じ、距離感を合わせにくいという欠点も。その場合はヘッドとの重量バランスを見直す必要がある。

Q3:長尺と短尺はどちらが良い?

A3:シャフトの長さはパッティングの精度を高める重要な要素だ。ボールが利き目の真下に来るのが適正なアドレス。パターが短いと目より手前に、長いと目より先にボールが来るため、引っ掛けやプッシュアウトになりやすい。1 インチ刻みで最適な長さを見つけるのが重要だ。ちなみに長尺は2016年1月から事実上“使用禁止”になる(シャフトを体に固定しなければOK)。

Q4:重い、軽いでどう変わる?

A4:平均的なパターの重さは530グラム。重さがあればボール初速が上がってよく転がり、速いグリーンや下りラインで威力を発揮するが、重いグリーンでは距離感を合わせにくくなる。逆に軽いパターは速いグリーンでは距離感を合わせるのが難しく、重いグリーンでは距離感を定めやすいとされる。

※週刊ポスト2014年9月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オヤジ化するアラフォー女を分析した書 地雷ワードも紹介
『正しい日本語の使い方』著者 過去の失敗日本語を述懐する
ニッチロー イチロー快挙祝福「負けないパフォーマンスしたい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP