ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その道69年の名物宝くじ販売員が伝授する「アタる買い方」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一等・前後賞合わせて3億9000万円と、“サンキュー!!”な『オータムジャンボ宝くじ』の発売が、9月19日に迫っている。

 そこで今回は、東京の下町、浅草橋のアタる売り場で、宝くじを売り続けて69年の達人から伝授した買い方のコツをお伝えします!

「昭和20年に第1回宝くじの抽せんがされたとき、終戦直後ということもあって、このあたりは焼け野原でねえ…。

 1等の当せん金額は10万円でしたが、ほかにも“綿の布”や“たばこ”が賞品にありました。なんにもない時代だったから、お金より物のほうが喜ばれたものです」

 そうしみじみと語るのは、“幸運を招くヒデじい”として親しまれている『浅草橋駅東口売り場』の販売員・森秀夫さん(84才)だ。

 ゆったりとした口調に、物腰柔らかい印象のヒデじいだが、侮るなかれ。最近でも2012年のドリームジャンボ1等1億円、2013年のドリームジャンボ1等1億1000万円など、これまでに販売した当せん実績はお見事!

 ズバリ聞きたいのは、“アタる買い方”!

「昔は、宝くじを買うのはほとんどが男性でね。バブルを迎えて景気がよくなると、ひとりで200枚、300枚と大量購入する人が増えたんです。その頃、ようやく女性のお客さんも買いにくるようになりました。女性はみんな“ゲン担ぎ”をしていてね。“黄色い袋に入れて保管する”“ラッキーナンバーが入ってる宝くじを選んで買う”とか、いろんなおまじないが流行ってたんですよ」(前出・ヒデじい、以下同)

 そんなお客さんを長年見続けるなかでヒデじいが気づいたのは、“ラッキーナンバーが2つ”の法則だった。

「不思議なもので、6ケタの数字の中に、自分の好きなラッキーナンバーが2つ入っている宝くじを買った人が、高額当せんしているんです。同じ数字が2つ以上入っている宝くじを嫌う人も多いんだけど、これは狙い目ですよ」

 ヒデじいに法則を教えてもらい、実際に当せんを果たした人もいるそう。

 ということで、少ないお小遣いで一攫千金を狙うため、最近では“グループ購入”する人の中から幸運をつかんだ人が出てくるようになったという。

「ひとりで50枚買うと1万5000円かかるけど、10人でお金を出し合えば、1500円で済みますから、グループ購入する人は増えてきています。

 2005年のサマージャンボでは、15人の団体が100枚購入して、前賞の5000万円に当せんしたんです。当せん金は山分けだけど、“宝くじが当たった”って喜んだ人も15人いたんだから、楽しみのある買い方ですね」

※女性セブン2014年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
宝くじ史上最も1等に当たりやすいレインボーくじが全国発売
宝くじ高額当選者 「悪いことあった時」に買った人の体験談

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP