ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

噴出すマグマに大接近!命知らずの冒険家ペアの映像がスゴすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

命知らずの冒険家として知られるアメリカのGeorge Kourounis氏とSam Cossman氏のペアが訪れたのは、バヌアツ共和国・アンブリム島にあるマラム火山錐。この火山錐は、極めて激しい活動が現在でも行われていることで有名だが、あろうことか彼らはそのすぐ近くまで歩み寄り、この映像を撮影したという。

【動画】http://youtu.be/BAdFvTo9874

映像をご覧頂ければ一目瞭然だが、二人が降り立ったのは、紅蓮の炎をほとばしらせながら、今にも大きな噴火を巻き起こしそうなマグマの塊。事実、彼らの足元には、時々、噴出したマグマのかけらが熱気を帯びたまま転がってくるほどの距離感だ。このあまりに現実感のないド迫力映像に、世界中の人々が驚きを隠せぬ様子。

多くの人々がそれで命を落としていることからもわかるように、冒険とは常に生命の危機と隣り合わせのものばかり。誰にも真似できることではないだけに、我々はこうした労作から、その大自然のスゴさについて、垣間見たいところだ。

文・今岡憲広

■参照リンク
Man Dives into an Exploding Volcano
http://youtu.be/BAdFvTo9874 

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP