ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

60歳過ぎて働いても年金カットされない方法 月28万円が分岐

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年金をどんどん減らす「アベノ改悪」に対し、国民は黙っていてはいけない。政府・厚労省に反対の声をあげると同時に、自衛策を講じることが必要だ。

 世代別に必ずおさえておきたいポイントがあるが、年を重ねた時に役に立つテクニックもある。60歳以降も働く場合に留意したいのが、働き方によっては年金がカットされてしまうことだ。

「在職老齢年金制度」と呼ばれるもので、給料と年金の合計が28万円を超えれば、超えた分の「2分の1」が年金からカットされる。

 例えば本来月額10万円の「得する年金」をもらえる人が、再雇用されて月給24万円で働く場合、合計は34万円。そのケースでは28万円を超えた分(6万円)の2分の1にあたる3万円がカットされ、年金は7万円となる。「年金博士」として知られる社会保険労務士の北村庄吾氏が解説する。

「在職老齢年金は、厚生年金に加入して働きながら年金を受け取っている人が対象です。逆にいえば厚生年金に加入しない働き方をすればカットされません。

 例えば『正社員の4分の3未満』の時間で働けば、厚生年金に加入しないので、在職老齢年金は適用されません。また、厚生年金が適用されない小規模な個人事業所などで働く方法もあります。そうすれば年金をカットされずに受け取ることができます」

 正社員と同じ時間働いているのに、年金をカットされない方法をとっている人もいる。

 それは会社側と交渉して「月給を少なくしてもらう」ことだ。年金との合計が28万円を超えないように調整し、その分、退職金に上乗せしてもらうのである。

 会社としては総支出が増えないから、デメリットはない。特に中小企業などで経営者と相談できるような場合は検討していただきたい。

※週刊ポスト2014年9月19・26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
65歳を過ぎても働く人が年金受給額を少しでも増やす方法とは
60歳からの再就職 働いても年金額カットされない働き方とは
サラリーマンから個人事業主まで すぐにわかる年金の仕組み

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。