ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Zシリーズ用のCyanogenMod 11でカーネルのアップデートが実施、Moto XのROMも共通化される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android ベースのカスタム ROM「CyanogenMod」の開発チームが、Xperia Z シリーズ用の CyanogenMod 11 のアップデートと Moto X 用のROMを共通したことを発表しました。Fusion3 プラットフォームを採用した Xperia Z シリーズ(Xperia Z / ZL / ZR / Tablet Z)のROMは最近開始された Android 4.4.4 へのアップデート(10.5.A.0.230)に伴いオープンソース公開されたカーネルソースを用いてビルドされるようになりました。Android 4.4.4に最適化したカーネルなので、Android 4.4.4ベースのCyanogenMod 11においても性能が向上したとされています。Moto X 用の ROM の共通化については、これまで「moto_msm8960」、「moto_msm8960_jbbl」、「moto_msm8960dt」の 3 つに分けて配信されていましたが、これらが“ghost”に統合され、全ての Moto X で同じ ROM を使えるようになりました。これらの変更は9月11日付けのNightlyビルドで行われています。Source : CyanogenMod Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
SIMロックフリー版「Galaxy Alpha」が英国で発売開始、まずはブラックとホワイトから
DellのノートPCにもなる10インチAndroidタブレット「Dell Venue 10」の写真
XperiaシリーズにおけるAndroid Lへのアップデート対象機種とスケジュールが伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP