ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美しすぎる双子のラッパーが登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

左がMIKAちゃんで右がRIKAちゃん。目の前にいるのはうり二つの一卵性の双子の姉妹だ。そして驚くべきは、ふたりで“MIKA☆RIKA”というヒップホップユニットを組んでいるということ。

【画像や図表を見る】

MIKA「2年くらい前にROMANTIC PRODUCTIONのDJ-S.A.L.さんに『ヒップホップをやってみない?』と声をかけられて。ラップに対してまったくイメージがなかったので、ちょっと戸惑った部分はありましたが、思い切ってやってみました」

RIKA「まだまだなれない部分が大きいですね。MIKAの方が力強くて声に清涼感があるので、引っ張ってもらっている感覚です」

MIKAちゃんがボーイッシュでぐいぐい引っ張っていくタイプなのに対し、RIKAちゃんは控えめでおしとやかなタイプだとか。このあたりのキャラ付けが音楽性にも好影響を与えている様子。7月にリリースした2ndシングル『下っ端』収録曲に関しても、ふたりの好みはみごとに分かれているのだ。

MIKA「普段ロックを聞くので、タイトルソングでもある『下っ端』はアップテンポでかなりお気に入りです。ふたりともOL経験があって、下働きばかりの日々を歌った歌詞にもこだわっています。同じような立場の人が聴いたら、元気になれると思いますよ」

RIKA「私はエモーショナルな曲が好きなので、4曲目の『ホシフルマチ』みたいな、スローテンポでしっかり聴かせる雰囲気がいいですね。あとはMIKAのいうとおりユニークな曲もあって、このあたりのバリエーションに注目してもらえるとうれしいです」

現在絶賛売り出し中のふたりは、ウェブ上などで自由に使える自身の“フリー素材”を配布するなど、とにかく知ってもらうのが目下の課題なのだとか。と同時に、歌唱力とダンスも大きな課題。

MIKA「だいぶリラックスしてステージに立てるようになったんですが、さらにがんばってお客さんを乗せられるよう、上手になりたいですね。あとはそのあたりを曲間のトークなどで盛り上げていけたらって」

RIKA「ダンス経験がないんですよ。そして自分たちで振り付けをしなければいけないんで…。かっこいいというより、インパクトを感じてもらえるようなダンスを身につけたいですね」

実に仲良しである。家も一緒で休日もふたりで出かけることが多いほど気が合うのだとか。なにせ好きな男性の“傾向”も、多少の差はあるとしつつも…。

MIKA RIKA「ほとんど一緒ですね(笑)」
(吉州正行)
(R25編集部)

美しすぎる双子のラッパーが登場!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

バックナンバーはコチラ!
注目映画が塩田アナの涙腺を直撃?
園子温の新ヒロイン・清野菜名とは
テレ朝宇賀なつみアナの夏の思い出
マイケル共演の歌手が過激舞台に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。