ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハッピーターンアイスの前評判は上々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

明治は9月9日、亀田製菓とコラボして開発した「ハッピーターンアイス」を9月29日から全国で発売すると発表した。

【画像や図表を見る】

亀田製菓の人気せんべい「ハッピーターン」の世界観をアイスで表現したという「ハッピーターンアイス」。「ハッピーターン」のおいしさの秘密である、砂糖、塩、旨味成分をまぜ合わせた「ハッピーパウダー」が、アイスにそのまま混ぜ込まれており、「あまじょっぱい」味を再現しているという。

定番のせんべいがアイスで再現されるということで、ネットユーザーたちからも熱い視線が注がれている。ツイッターでは、

「ハッピーターンアイスって、おいしいかな?想像できない」
「すげー気になる。どんな味なんだろう?」
「やっぱり魔法の粉の味ではまってしまうのだろうか?どんな味なんだろう…気になる」

と、その味が想像できないとの意見も多いが、

「ぬぬぬ、ハッピーターンアイスが気になるではないか…」
「このアイスをハッピーターンで、すくって食べたら更に美味しそう」
「ハッピーターンアイスこれは絶対に食べたい」
「これ口の中で想像した。美味いはず」

など、発売前からかなりの期待が寄せられている。

また、美味し“すぎる”であろうことが予想されるため、

「これ中毒性やばそうだ…」
「ハピ粉中毒に陥るぞ!」
「ハッピーパウダーを練りこんだハッピーターンアイスだと……合法的な麻薬やないか……」

と、「ハッピーターンアイス“中毒”」の危険性を指摘する声もちらほら聞こえてくる。

なかには「おいしくなさそう」という予想もあるが、そのうえでも「食べてみたい」という声が多い「ハッピーターンアイス」。実際に美味しいか否かは別として、発売日にはもっと大きな話題になりそうだ。
(R25編集部)

ハッピーターンアイスの前評判は上々はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

あのお菓子の高級バージョンを体験
食べてみたいガリガリ君TOP10
「バナナ寿司」食べた人の報告は?
「〇ンコ風味」のアイスって!?
ネタめし「鬼辛焼きそば」に期待

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。