ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

りんご製「Apple Watch」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米アップル社は9月9日、「iPhone6」「iPhone6 plus」とともに「Apple Watch」を発表した。

【画像や図表を見る】

「Apple Watch」は腕時計型ウエアラブル端末で、iPhoneと連係することで時刻の確認はもちろん、電話やメールも可能。スケジュール帳や現在地の確認などもできるほか、ヘルスケアのための機能を搭載するなど、まさに次世代のデバイスとなりそう。

ネットユーザーたちも大いに関心をもっているところだが、「Apple Watch」と聞いてどうしても想起せずにはいられないのが“りんご”。腕時計にりんご丸々1個を乗せて「Apple Watch」とツイートするユーザーが登場した。すると、これを見た別のユーザーが、10日13時過ぎ、

「早速Apple Watchを入手してしまいました!ウェブサイトのビジュアルや説明文も凝っていて素敵です!すっごく気に入ってしまい、すぐに完食してしまいました!」

というコメントとともに、りんごを彫刻してつくった“Apple Watch”の画像をツイートした。本家「Apple Watch」とは真逆のアナログなビジュアルに加え、まさかの“食べられる”という“機能”。

「時間を伝えられないだけでなく、めっちゃベトベトする時計です」
「革新的な可食性」

といった“Apple風”(?)の説明文も秀逸で、爆発的人気となり、海外サイトやNHKでも取り上げられるほど。12日10時までに5万4000以上リツイートされる拡散っぷりだ。

また、このユーザーに触発され、同様にりんごで“Apple Watch”を作ってみる人たちもあらわれている。ジョブズもまさか、こんなふうに愛されるとは思わなかったに違いない。
(R25編集部)

りんご製「Apple Watch」はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

iPhone6ネット上の反応は?
iWatch登場の噂にワクワク
本気のフルーツカットテクニック
黄色いイルカ?バナナアートが人気
集大成?バナナ職人の凄い彫刻技

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP