ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋の味覚! 好きなキノコTOP10

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋の代表的な味覚“キノコ”。“焼いて良し、煮て良し、炒めて良し”の万能食材である。おまけにビタミン、食物繊維も豊富なうえ、ボリュームがあるのに低カロリーと、「食欲の秋」にもってこいだ。そこで今回は20~30代の男性200人に、「好きなキノコの種類」をリサーチした。

【画像や図表を見る】

●好きなキノコの種類TOP10(3つまで選択、協力/アイ・リサーチ)
1位マイタケ(40.1%)
2位エリンギ(33.3%)
3位エノキ(32.7%)
4位シメジ(31.5%)
5位マツタケ(29.0%)
6位シイタケ(24.7%)
7位キクラゲ(16.0%)
8位マッシュルーム(14.2%)
9位ナメタケ〈なめこ〉(13.6%)
10位トリュフ(4.3%)

どれも使い勝手が良く、大半が家計にやさしい食材だけに、上位は僅差の勝負。だが頭ひとつ抜け出したのは「マイタケ」だった。一方で「シイタケ」がトップ5に入らなかったのはやや意外な感もある。

では、どのような料理で食べたいか。使い勝手の良さゆえに「鍋」「汁物」「ソテー」「野菜炒め」「味噌汁」など幅広い食べ方が挙げられたが、そのなかで目立ったものを紹介しよう。

【1位:マイタケ】
・天ぷら(28歳)
・うどんのトッピングとして(28歳)
・蒸す(28歳)
・きりたんぽ(27歳)

【2位:エリンギ】
・グラタン(25歳)
・焼肉と一緒に焼く(29歳)
・バター醤油(29歳)
・素焼き(29歳)

【3位:エノキ】
・すき焼き(28歳)
・お好み焼きに刻んで入れる(22歳)
・ベーコン巻き(28歳)
・スープに入れる(26歳)

【4位:シメジ】
・カレー(25歳)
・茶碗蒸し(22歳)
・炒めご飯(26歳)
・和風パスタ(28歳)

【5位:マツタケ】
・松茸ご飯(24歳)
・丸々1つ焼く(24歳)
・土瓶蒸し(25歳)
・刺身(24歳)

ちなみに6位のシイタケは、独特の風味を存分に味わえる「焼く(27歳)」だけで食すのが人気のようだ。

そのほか、7位のキクラゲは「ラーメンにのせる(24歳)」「八宝菜(29歳)」など中華料理、8位のマッシュルームは「ビーフシチュー(27歳)」「アヒージョ(28歳)」、10位のトリュフは「ステーキと一緒に食べる(29歳)」といった食べ方が人気の様子。

現在は栽培技術が進んだおかげで、スーパーなどで一年中購入できる“キノコ”。だが、その多くが本来は秋が旬といわれている。今年は“旬の味覚”を堪能してみては?
(R25編集部)

秋の味覚! 好きなキノコTOP10はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「ユニーク味覚狩り」の魅力
松茸ぬき松茸料理のレシピに感動の声が殺到
シメジはマツタケを超えられるか?
初秋の酒「ひやおろし」が人気拡大
カビとキノコは同じものだった!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP