ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「低価格チェーン飲み」人気の実態

DATE:
  • ガジェット通信を≫

牛丼チェーンの吉野家が一部店舗で展開する、お酒とつまみを食べられる居酒屋サービス「吉呑み」が話題になっている。若い世代を中心に、ファミリーレストランや牛丼屋など、飲み屋以外の“低価格チェーン”で飲む人が増えていることを背景にしたサービスだ。こうしたニーズはどの程度広がっているのだろう?

【画像や図表を見る】

そこで、20代の男性社会人200人にアンケート調査を実施。「居酒屋代わりに1軒目からファミリーレストランやファストフードで飲んだことがあるか」と尋ねたところ、「ある」と答えた人は全体の18.5%に。微妙な割合だが、感覚的にはひと昔前より増えている印象。

彼らはなぜ居酒屋やバーではなく、“低価格チェーン”で飲むのか? 理由を尋ねてみると、圧倒的に多かったのは「安くすむから」(70.3%)という回答。次いで「通常の居酒屋の雰囲気が苦手」(16.2%)、「自身や仲間内に子どもがいるのでファミレスの方が入りやすい」(16.2%)といった理由が挙げられた。

では、このようなニーズをお店側はどのように受け止めているのだろう。

「以前に比べアルコールを飲むお客様は増えています。例えばガストでは、アルコールの総売り上げが昨年比で6月は130%、7月は132%とアップしており、数字にも表れています」(株式会社すかいらーくマーケティング本部・小林大祐さん)

ファミリーレストランなどで飲む人が増えているのは確かな様子。アルコール類やつまみなどのメニューも強化しているとのことだ。

「食事もきちんと楽しめるのでお酒が苦手な人がいても大丈夫、というところが魅力なようです」と、小林さん。さらに、明るさや清潔感を求める人、「飲み過ぎをセーブしたいから居酒屋よりファミリーレストランで飲む」というお客さんも多いのだとか。

なんとなく、現代の消費者の多様なニーズを反映しているような「低価格チェーン飲み」。さっそく今晩行ってみますか!
(河島マリオ/GRINGO&Co.)
(R25編集部)

「低価格チェーン飲み」人気の実態はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

有名チェーン店のレア店舗を探せ!
知る人ぞ知る!絶品裏メニュー7選
吉野家一人鍋店 ネットの評判は?
居酒屋の「ファミレス化」が進行中
量が物足りない!酒の肴TOP10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP