ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岡田彰布氏 阪神梅野を不安視「すでにかなり研究されとる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 セ・パともに優勝争いチームは数チームに絞られてきた。これからはいよいよ1試合1試合が優勝を左右する大事な時期だが、OBの中には古巣に対して厳しい目を向ける人もいる。阪神タイガースOBの岡田彰布氏は、今年度の和田・阪神についてこう述べている。

 * * *
 大事なのは最後のこの時期の頑張り。これはチームでも個人でも同じやで。オレが監督の時には、この時期には選手たちに「個人成績を上げたらエエ」とハッパをかけた。「これまでの成績が悪い者は特に今から帳尻合わせせい」と繰り返しいうたもんやね。

 こんな時になってミーティングで「チームとしてこうしていこう」とか「大事な試合が続く」なんていうたことはない。そんなもん、関西のスポーツ紙は頼まんでも煽ってくれるから、口に出さんでも選手はわかっとる。選手には個人の目標に向かわせるほうが結果としてチームの力になるのよ。

 これから先は「拾う」ゲームが大切になる。そら、先発が踏ん張ってリードしたまま勝つのが理想やけど、毎回そうはいかん。序盤で負けていても、中盤、終盤に逆転して、1試合でも拾っていけるかが重要なんや。

 そこで出てくる不安要素が「キャッチャー」やな。今のところ若い梅野隆太郎を使っとるが、これが今後、仇となる可能性が高い。これまでは梅野が新人ということもあり、相手もよう分からんかったからうまくいった部分が大きい。

 しかし8月の試合を見る限りでは「すでにかなり研究されとるな」と思えるような痛打を浴びる場面も多かった。キャッチャーに限っては、本当は経験のあるヤツがドーンと構えてくれた方がエエんやけどな。

 ピッチャーは中継ぎがポイントになる。踏ん張れんピッチャーはブルペンに入れたらアカン。捨て試合はできへんのやから、ビハインドの試合でも勝ちを狙っていくことや。

 巨人と広島だけを見てたらどこかにスキができて、足をすくわれるで。初めてのチャンスに燃える横浜も怖いし、尻に火がついた中日も油断はできん。阪神に「お客さん」はおらん。これを肝に銘じておかなアカンで。

※週刊ポスト2014年9月19・26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
チャン・グンソクが肩痛めて始球式を断念 代役にはガッツ石松
SBホークスのダンスチーム「ハニーズ」 女だらけの控室潜入
プロ野球改革案 CSの欠陥を改善する「3ディビジョン制度」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP