体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いま最も「美味しい」女優、倉科カナ 彼女が見せる4つの秋の味覚とは!?

いま最も「美味しい」女優、倉科カナ 彼女が見せる4つの秋の味覚とは!?

うだるような夏も終わりを告げ、日本列島にようやく秋が到来した。秋と言えば味覚の秋。そんな中、一人の女優が食材へと変貌を遂げた。その女優の名は倉科カナ。味のある演技と魅力的な肉体、実に「美味しそう」な彼女がついに食材になってしまったのだ! ……とは言えご安心を。これはテレビのコマーシャルのお話。彼女はタイガー魔法瓶の「GRANDX」のコマーシャルで、米、肉、パン、コーンという4つの食材に扮しているのである。

<素材の化身米・肉篇>
http://youtu.be/HWhXDutlE10

<素材の化身パン・コーン篇>
http://youtu.be/Vbfwq0tENeI

4つの食材に扮した倉科カナは、それぞれの食材の気持ちになって私たちに語りかける。「米です。正直、土鍋以外で炊いてほしくない……」「肉です。私の魅力はステージ次第。えっ? 陶板? 良いんじゃない?」「パン生地です。私、面倒見が良くないとカリふわにならないから」「コーンです。極上のスープにしたいなら、段取り悪いのはイヤ」と。かなり上から目線で注文をつけてくるわけだが、食材が注文をつけてくるというのがなかなかに憎い。倉科カナのどこか別世界にいるような存在感も相まって、おもわず食べてしまいたくなる魅力に溢れている。

しかしながら、よくよく考えてみてほしい。確かに倉科カナほどの女優ならば、食べても美味しいだろう。だがそれはつまり倉科カナとの別れを意味する。倉科カナを食べたいという欲求に従えば、倉科カナは私たちの胃の中で消化され、この世界から倉科カナが消えてしまうということになってしまう。倉科カナを食べたい。でもやっぱり、倉科カナを食べたくない! そんな相反する二つの欲求で、私たちの心は引き裂かれそうに揺らぐのである。

というわけで本日はそんな揺れる想いを、米に扮する倉科カナさんにぶつけてみます。これは、物寂しい秋の訪れを告げる、世界でたった一つのラブストーリー……。

「米です。正直、土鍋以外で炊いてほしくない……」
倉科カナはそうぼくに告げてから、少し微笑んで、おこわのように固く目をつむった。既に覚悟は出来ている、と言うように。だがぼくの心はまだ整理がつかずにぐちゃぐちゃで、まるで雑炊のようだ。そんなぼくの気持ちを推し量って倉科カナは目を開き、再びぼくに告げる。
「米です。……お願い。あなたに、炊いてほしいの……」

倉科カナの気持ちはよく分かっていた。米として産まれてきた彼女の幸せは、食べられることにある。そして彼女はぼくを選んでくれた。もち米のようにつややかな瞳が、ぼくを真っすぐに見つめていた。だけどぼくは、どうしても、倉科カナとの別れを決められずにいる。彼女の存在は、ぼくの中ではほとんど主食のように大きなものになっていたから。そして彼女は恥ずかしそうに言う。
「あなたのためなら……私、もっと脱穀しても良いんだよ……?」

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会